ダイエットで病気あり得ない!まずは腹筋と体幹を強化して強い体えお手に入れる。


ダイエットで意識していることは、無理をせずに体重を落とすことです。無理をして過度なダイエットしてしまうとリバウンドの恐れもありますし、なにより長続きがしないと思うからです。健康的に痩せていくという方法が一番いいと思います。

 負けない体づくり

運動をして体脂肪を燃やしながら太りにくい体を作っていく、これが理想のダイエットではないでしょうか。もちろん朝・昼・晩の食事をきちんと取りながら行います。健康的に痩せるためです。

 体の中心腹筋

まず最初に強化する筋肉は腹筋です。腹筋は上半身の中でも一番面積の大きい筋肉ですし腹筋を鍛えることでお腹周りもすっきりするためスタイルも良くみえます。アスリートではないのでバキバキに腹筋を割らなくてもいいと思いますが、縦に筋ができるようになれば腹筋がついてきている証拠ではないかと思います。いろいろな腹筋方法がありますが、ただ前後に腹筋をおこなうだけではなくひねりを入れた腹筋をおススメします。ひねりを加えることで落ちにくい横腹の贅肉にも刺激を与えることができるからです。最初は10回もできないと思いますので、ゆっくり自分のペースで負荷を増やしていってもらえればと思います。目標は1日50回です。

体幹を鍛える

腹筋同様に体幹を鍛えることも太りにくい体を作るには大切なことです。体幹を鍛えることで体のバランスも良くなりますし、様々なトレーニングにも耐えられる体を作ることができるからです。腹筋を鍛えるよりも比較的楽なため、継続してトレーニングすることが可能だと思います。体を横向きにして左肘で体を支え、右肘は腰にあて、足は両足そろえてピンと伸ばします。準備が整ったら腰を浮かします。腰を浮かした状態で10秒ほどキープしてください。左が終わったら同じ動きを右で繰り返してください。慣れてきたら30秒を目安にしていただければよろしいかと思います。

腹筋を鍛えるのも体幹を鍛えるのも毎日継続するのが大切だと思います。回数は少なくても継続することに意味があると思うので試してみてください。