夜中に食べてもOK!ダイエットの食事で気をつけるのはこれ!

「夜に食べると太る」ダイエットをしてる方はよく聞くことではないかと思います。夜に食べるより朝に食べたほうが太らない。夜8時以降には食べない…確かに体の仕組みでそうなっているのかもしれません。しかし仕事で遅くなったり、友人との付き合いで飲みに行ったり、なかなか守ることも難しいものです。守れなくなると、もういいやと続けるモチベーションも下がってしまいます。夜中に食べようが朝に食べようが、自分の生活の中で、きちんと体重を管理するのがダイエットするにあたって大切なことなのではないでしょうか。そのために自分できちんと把握するにはどうするか。

摂取カロリーを把握

まず、一日の自分の摂取カロリーを把握することが大事です。自分がどれくらいのカロリーを一日で消費するのかをまず調べます。年齢や体格から基礎代謝を出し、生活でどれくらいの運動をしているかで大体の消費カロリーがわかります。そして、自分がどれくらいの期間で何キロ減らしたいかを計算します。脂肪は1キロ7200カロリーなので、1日300カロリーずつ消費すれば24日で1キロ減ることになります。

2キロ減らしたいなら48日です。

それを合わせれば自分が1日にどれくらいカロリーを摂取できるかがわかります。そのカロリー以上を例えば夜に食べずに朝に摂取したとして、果たして脂肪が減るでしょうか?そんなことはありません。逆に、全て夜の寝る前に摂取したからといって太ることがあるでしょうか。大事なのはきちんと自分の食事を把握することです。

もちろん、夜に食べるよりも朝に多く食べるほうが体にもいいでしょう。それは徐々にダイエットと共に生活リズムも正しくしていきましょう。

正しい知識としっかりした計画

健康な体を作るためには、正しい知識としっかりした計画が必要です。好きなものを好きなだけ食べるようになるのがダイエットではありません。好きなものを自分に必要なだけ美味しく食べることができるようになるのが正しい食生活です。

まずは基本のカロリー計算から始めていきましょう。