なぜか多い夏太り現象!食事の取り方で太ってしまう?

夏は、身体の線が出る服装になったり、露出も多くなり、 服装で体型をカバーする事も難しくなってきますよね。
この季節に向けて、ダイエットを開始したという人も多いと思います。
しかし、食事制限をしているのに、なぜか痩せないという声も多く聞きます。
美しく健康的に痩せるには、運動が一番ですが、
食事なども、ほんの少しの工夫で、ダイエットの手助けになることもあります。

なぜか多い夏太り現象

暑さで食欲もなくなり、肉などの脂っこいものをとらないようにしていたのに、なぜか逆に太ってしまった、という方もいるのではないでしょうか。
これは、夏だからさっぱりしたものをと、素麺などばかりを食べてしまい、炭水化物太りしてしまった事が考えられます。
素麺は、食べやすさからつい多く食べてしまいがちですが、わりとしっかりとしたカロリーがあるので、夏も、バランスの良い食事を心がけましょう。

食事の回数は多い方が良い

痩せたいからと言って、食事を抜く人もいますが、痩せたいのであれば、しっかりと三食とることをお勧めします。
食事の回数を減らす事で、吸収率が高まってしまったり、お通じがわるくなったりと、ダイエットには逆効果です。
(お相撲さんは一日一食だそうです)
むしろ、3食の分量を小分けにしてさらに食事の回数を増やす方が、食欲も抑えられて、過度に食べ過ぎなくてよいので、試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットが続くコツとは

人にもよりますが、あまりハードなダイエットをすると、挫折した時の反動が大きく、リバウンド太りしてしまう可能性も大きいです。
ダイエットは、続ける事がポイントなので、無理なく、習慣的に続けられるようなものを選びましょう。
一種類の食べ物を、食べ続けるダイエットはよく流行りますが、味に飽きて、挫折する可能性が高いのであまりお勧め出来ません。

ダイエットを長く続かせるには、忍耐や我慢などをするよりも、適度に欲求を満たす事が大事です。
簡単で無理のない習慣が、自然と理想の体型へと近づける事が出来ます。