低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットは別名を低インシュリンダイエットと言い、摂取カロリー計算を行ったり、運動をして脂肪の燃焼をするという方法ではなく、単純に炭水化物の摂取量を少なくすることでダイエットを行う、という新しい発想のダイエット方法です。

血糖値の安定にもつながり、健康にも良い影響を与えると考えられています。

ごはんやパン、麵類が好きな人にとっては少々むずかしい食事制限となりますが、食べるものの量自体を減らすタイプのダイエット方法ではないため、空腹感が無く、比較的続けやすい方法だと言われています。
 

低炭水化物ダイエットの方法

低炭水化物ダイエットを実行するためには、食品のGI値を知る必用があります。

GI値はそれぞれの食品が消化される時の血糖値の上昇の値を計測した数値であり、低いほど上昇が遅いという意味を持っています。

低炭水化物ダイエットでは、このGI値の高い食品を避けて、低いものだけを選択的に食べることで減量を目指します。

その他の注意点は、極端に大量の油分を摂取しないようにすること、血糖値を管理するダイエットであることから、炭水化物だけでなく糖分についても抑制すること、乳製品、食物繊維、酢などは積極的に摂取するようにすること、固い食品を選ぶ事、などがあげられています。

意外と食べてもよい物が多いので、誰にでも続けやすいダイエット方法の一つです。

低炭水化物ダイエットは割合成功率が高く、食事も物を選べば普通にとることができるという点で、人気の高いダイエット方法です。

しかし、長期的に続けると健康に影響が出ることが指摘されてもいるので、体調が悪化した場合にはすぐに中止するようにしてください。
 

低炭水化物ダイエットのメリット

外食時にも継続できる。食べながら痩せられるので、我慢が苦手でも続けやすい。
 

低炭水化物ダイエットのデメリット

徹底しすぎると低血糖の状態になる。向き不向きがある。
 
 

スポンサーリンク