夕食早めダイエットとは

ダイエット中は、寝る3時間前から一切何も食べないようにするのが有効、という話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

夕食早めダイエットは、これを方式として取り入れて、夕食を普段よりも早い時間に済ませてしまうことで、太らない生活習慣を身につけることを目的として行われるダイエット方法です。
 

夕食早めダイエットの方法

人間の体は、寝ている間に休養をとると共に、必要な細胞を作る作業などを進めます。

そのために必要なエネルギーを作り出すために、起きて活動している時以上に活発に栄養を吸収しようとする働きにつながります。

これは副交感神経の働きのせいでもあり、眠っている間には栄養の吸収が良くなり、結局は脂肪の蓄積につながってしまうということになります。

これを避けるために、寝る前の時間は食べ物や飲み物のカロリー摂取を控え、睡眠中に消化活動が行われないようにします。

このため、夕食を早めに済ませてしまうのです。

もちろん、夕食を早く食べてしまったからといって、夜食を口にしてしまっては意味がありませんので、その点にはくれぐれも注意して下さい。

少なくとも寝るまでの二時間は、食べ物を口にしないようにするのが有効です。

できれば、3時間前には食事を済ませてしまうことが理想ですが、生活のサイクルや帰宅時間の遅い人にとっては難しいため、なるべく早くと考えるようにしましょう。

食事の内容だけでなく、食べる時間について考えることで、より太りにくい生活習慣を身につけるのがこのダイエットの目的となります。

今まで、寝る直前までカロリーをとり続けてしまう生活をしていた人の場合は、これを中止することで自然と減量につながることでしょう。
 

夕食早めダイエットのメリット

逆流性食道炎の予防になる。胃腸を健やかな状態に導くことができる。
 

夕食早めダイエットのデメリット

生活サイクルによっては実行が難しい。
 
 

スポンサーリンク