水着になる日まであと少し、短期集中お腹痩せエクササイズダイエット

部分痩せダイエットで一番痩せたい部位、お腹ダイエット。これから暖かくなり、水着になる機会も増えます。
そんな時にだるだるのお腹じゃ女性としてかっこ悪いです。短期集中でトレーニングで、すっきりしたお腹を目指しましょう。

お腹を引き締めスリムウエスト

用意する物は椅子のみです。
「クランチ』という運動ですが、仰向きに寝て、椅子の座面に足を乗せて、ひざと股関節を90度に曲げます。両手を頭の横に置き、指先で頭を支え、肘を閉じて両腕を平行にします。
その体勢のまま、息を吐きながら2~4秒で、あごを引きながら背中を丸めていきます。
次は息を吸いながら2~4秒で、後頭部が床に軽く触れる位置まで上半身を下ろします。
ポイントは、腰が浮かないように注意すること、呼吸を意識することです。
この運動を上げ下げを1回として、10回行います。
できたら3セット行ってください。

cc-001

また、普段の何気ない生活の中にトレーニングを加える事で、効率良く痩せる事もできます。
例えば、通勤電車の中で、背筋を伸ばしてお腹をぎゅっと凹ませて立つだけでも運動になりますし、つり革を持ったまま、かかとを上げて、つま先立ちで10秒間キープ、これを5セット行うだけでも、お腹とふくらはぎのトレーニングになります。

脇腹や太ももの外側のトレーニング

水着になる日まであと少し、短期集中お腹痩せエクササイズダイエット04

テレビを見ながらできる運動もあります。
横向きに寝て、肘を曲げて、手で頭を支えます。
足を伸ばしたまま足首を直角に曲げて、ゆっくり4秒かけて高く上げ、2秒止めて、またゆっくり戻します。
これを左右各10回行います。脇腹や太ももの外側のトレーニングになります。

もう一つ、仰向けになり、膝を曲げます。
息を吐きながら、お腹を凹ませ、腰を床に近づけていきます。
この姿勢を基本の姿勢として、腰を浮かせ10秒キープします。
また基本の姿勢に戻して1回とします。これを10回行います。

こんな風に、ちょっとハードなトレーニングをしつつ、ながらトレーニングも加えていく事で、より効率的に、お腹のシェイプアップにつながります。
ポイントは常にお腹を意識して行動する事です。
トレーニングを続ける事で、必ず結果に現れるのでまずは2週間、頑張ってみましょう。

急いでいる方必見 痩せるポイントは「朝」にあり!

水着になる日まであと少し、短期集中お腹痩せエクササイズダイエット02

ダイエットを効率よく行うには、「タイミング」というものがあります。

このタイミングをうまく活用することにより、短期間でより効果的に痩せることが可能なのです。効率よく痩せるタイミングとしては、「朝(午前中)」が効果的です。午前の早い時間のうちに体を積極的に動かすと、その後5~6時間は代謝のよい状態が続くといわれています。通勤通学、外出、買い物など、日中は何かと活動することが多いので、1日の始まりに代謝のよい状態を作っておけばエネルギー消費アップにつながり、ダイエット効果も格段にアップするのです。

過ごしやすい季節は、早朝ウォーキングを20~30分程度行うのも効果的ですね。また、ストレッチや軽い筋トレを行い、筋肉を鍛えることも脂肪燃焼効果が高まります。
運動をする習慣のない方は、朝のうちに洗濯や掃除を行うのもオススメでしょう。この時、意識しながら大きめに体を動かしたり、つま先立ちで歩くようにすれば、よりエクササイズ効果が高まります。
朝早く起きるようになると、自然と夜は早い時間に眠くなります。そのように生活習慣を正すことで、夜の飲食などを抑えることが可能なのです。

急いでいる方へ 食生活をきちんとコントロールすること

水着になる日まであと少し、短期集中お腹痩せエクササイズダイエット03

ダイエットの基本はやはり食事です。ですが、むやみに食事量をセーブしたり、太る食材は食べないようにヘルシーなものだけを食べ続けるなどを常に続けていたのでは、ストレスから暴飲暴食を招く恐れがあるので、食生活もボディラインと同様にメリハリをつけることが大切です。

例えば、好きなお菓子は週末1回だけご褒美として食べるという決まりを作ったり、週に1回は思いっきり外食したりお酒を楽しむというようにすると、ストレスなく日々のダイエットが実践できます。
それでも、少し食べ過ぎたな。という自覚があるときは、翌日の午前中は水か野菜ジュースなどでプチ断食を行うのも良いでしょう。さらに、夜は外食の予定があり食べ過ぎることがわかっている日は朝食と昼食を少なめにするなど、1日の食事量をコントロールすることが肝心です。プランを持って健康的に食事管理することは、太らないための重要なポイントとなります。栄養管理は基本的に一週間で考えれば良いので、前後の調節をきちんと行う癖をつけておくと、健康のためにも便利ですね。

豆知識 なぜお腹に脂肪がつきやすいのか?

そればお腹には腸や子宮、内臓が詰まっています。それらを守るためです。 例えば肺、心臓などは骨でがっちりガードされています。
しかしお腹に骨はありませんので何かで守らなければなりません。
そこで内臓を守るために脂肪、筋肉が必要なのです。筋肉がない場合には脂肪で守ろうとします。ですから皆さんの悩みで一番初めにお腹から脂肪がついてしまうのです。
特に女性は大切な子宮を守るために脂肪がつきやすいです。
脂肪ではなく、エクササイズで筋肉で内臓を守り、くびれのあるウエストを手に入れましょう。

スポンサーリンク