炭酸水ダイエットとは

炭酸水を利用したダイエットは、簡単で効果がわかりやすいものです。

炭酸水を飲むと胃の中でガスが胃を膨らませる効果で満足感を得る事ができ、満腹中枢にも影響を与えて食べ過ぎることを防止する効果があるのです。

活用方法が幅広いのでいつでもどこでも簡単にできる、ということが魅力の一つです。

炭酸水を飲むことで血行がよくなり、代謝がアップする効果が期待できるとも言われ、痩せやすい体質作りにも役立つとされている他、ダイエット中に陥りやすい便秘の症状を改善することができます。
 

炭酸水ダイエットの方法

満足感アップの為には、食前や、食事と一緒に炭酸水を飲むようにします。

水分で食事を流し込むような食べ方に注意しながら、炭酸水をしっかりと摂取していきましょう。

一日に飲むべきとされる量は1〜2リットルですが、これは水分を多めに摂るということのダイエット効果を期待したものなので、飲める範囲でかまいません。

大切なのは、炭酸をとるのでなく、炭酸水をとる、という部分です。炭酸ガスの効果を考えればもちろん他の飲み物でも良いのですが、カロリー面を考えれば炭酸水以外を選ぶのはダイエットには不向きです。

自分で炭酸水を作る場合は、掃除用ではなく料理用か医薬品の表示のある重曹を用意し、水200mlあたり小さじ半分とクエン酸半分という分量が適正です。

クエン酸にもダイエットの効果が期待できるので、多少多めにいれても構いません。

重曹は一日5gまでの摂取に留めましょう。

便秘解消の効果については、海外産のガスウォーターなどに多い、硬水タイプのものの方が高いので、この点を重視する場合には硬度を確認してから購入して下さい。
自作とボトルのものを併用しても良いでしょう。
 

炭酸水ダイエットのメリット

代謝を上げる働きがあり、体が温まる。

便秘解消効果。
 

炭酸水ダイエットのデメリット

無味の炭酸水をたくさん飲むのは、慣れるまでは大変。