ダイエットにはする時間に秘密がある知っていますか? 時間帯で痩せ方が違う?

普段何気なく行っているダイエットですが、もしかしたら痩せにくい時間に行っているのかもしれません。

ダイエットを効果的に行うのはする時間にも秘密があるのです。

同じ運動をしても、時間や方法によって効果が異なってくるのです。

無駄なくダイエットを行うにはそのメカニズムを知る必要あります。また行う運動によっても効果が出る時間が異なってくるのです。

時間帯は

運動を行うのにベストな時間帯は、空腹でも満腹でもない時がベストになります。

食事をしてから大体2時間くらいが良いでしょう。

食事をしてから消化するまでの時間は身体を休ませることが必要になります。

食後30分間と就寝前は控えましょう。運動は午前中より午前中に行う方が効果的なのです。

なぜかというと運動すると代謝がよくなり、普通の生活をしていても脂肪が燃焼しやすく痩せやすくなる為です。できれば通勤前に運動を行うことが好ましいのです。

主な運動

午前中といっても通勤前の朝は忙しく時間に余裕がないですよね。

しかし工夫するだけで普段の朝がトレーニングへと変わるのです。たとえば、歯磨きするときにスクワットをしたり、掃除機をするときに大きく動いたり、電車に乗っているときはつま先立ちしたり、いつも乗る駅のひとつ前の駅まで歩いていくなど生活の中にトレーニングを入れると無駄なくダイエットを行えるのです。

このように工夫してダイエットにつなげていくのも大切です。

筋肉を増やしたいのなら

ダイエットに効果的な時間は午前中ですが、筋肉が増えやすい時間帯はいつなのでしょうか。人間の体温は朝方よりも午後に高くなりやすいという性質があります。

人の身体は体温が高い状態の方が筋肉が付きやすいといわれています。

午前中よりも午後に筋トレをすると筋肉増加に繋がるでしょう。筋肉はある程度体温が高くならないと力が発揮しません。

また怪我のリスクも低くなるので、夜の方がより筋力トレーニングに適した時間なのです。