脂肪吸引のメリット、デメリット!大切なのは施術後のケア

脂肪吸引とは最近身近な存在になっていますが、今までには多くのトラブルがあったりと怖いイメージを持っている人も多いでしょう。

そもそも脂肪吸引とは減らしたい場所に管を挿入し、脂肪を吸引して取り除いていく方法です。

今までの脂肪を取る方法よりも傷跡が小さいことを理由に今では脂肪を減らす方法として主流化しています。

ダイエットに成功したとしても、リバウンドが起こってダイエット前以上に体重が増加してしまうことがない脂肪吸引は今や注目のダイエット方法なのです・

脂肪吸引のメリット

多くの美容整形クリニックで利用している脂肪吸引は即効性があり、リバウンドという心配もありません。

誰もが経験がある、ダイエットの為に食事制限したり、きつい運動をしたりしてなかなか体重が落ちないという経験も心配せず何もしなくても痩せられるのです。

脂肪吸引は脂肪細胞ごと脂肪を取り去る方法の為、脂肪細胞が減少してリバウンドの可能性がなくなるのです。

また脂肪吸引は自分の気になる部分だけを吸引する為、他のお肉を残したい胸などは現状を維持できるのです。

デメリット

脂肪吸引というのは直接身体にメスを入れる為にデメリットも多いのが現状です。

少なからず自分の体に傷をつけるため術後の痛みや出血を伴う可能性があるのです。

脂肪吸引は行うときは麻酔をかける為麻酔によってのトラブルもありました。

また除去した部位の見た目ひどい状態になったり、大きな傷跡が一生残ってしまったりということもあるのです。

これも医師の技術力に左右されるため、脂肪吸引を行うときは信頼できる腕のいい医師を選ぶ必要があります。

施術後のケアが大切

脂肪吸引後の皮下層の脂肪細胞同士が脂肪がなくなった状態に慣れずその反応として硬くなる現象が起きるのです。

その硬くなった状態を放置しているとボコボコになったり硬さが取れなくなったりします。

硬くなった状態のときにしっかりとマッサージを行わなければ、硬さが改善されるのです。

マッサージに関しては3ヶ月行うと有効でしょう。お風呂上りなどを利用して柔らかくなった状態でマッサージすると効果的です。

脂肪吸引後もしっかりとケアすることで綺麗な身体が手に入るのです。

スポンサーリンク