すくに痩せたい、焦らずダイエットをするための?ダイエットを行う前の心がまえ

ダイエットをいざやろうと思っても、なかなか続かない、または続いていても体重が全く減らず途中で挫折してしまう方を多く見てきています。

そのような方々に共通して言えることは心がまえがまず無いことです。それでは、その心がまえと言うのはどのようなものなのか。

1,すぐに結果が出ると思わない。

まず、このことを頭の中に入れてください。すぐに結果が出ないのであれば続けても意味がないと言われてしまいますが、体のつくりの問題ですぐにはやせません。

ダイエットによる激しい運動を加えることによって確かに脂肪は減っていきますが、体内の組織が脂肪を消費しないように抑えるようになってきます。最初は減っていきますが徐々に結果が出てこなくなるのはこれが原因です。

2,まず3日、次に1週間、そして1ヶ月と日にちを伸ばしていく。

見出しでも記述した通り、まずは3日間続けてください。3日間続ける意図は、まずやってみると言う事です。そして、3日間できたのであれば次に1週間行ってみようと言う考えになってきます。

このように徐々に日にちを伸ばしていくことによって、習慣化し、持続的にダイエットを可能にしていきます。毎日激しい運動でなくともかまいません。例えば昨日は4キロ走ったから今日は家の中で筋トレしようと問題ございません。何度もくどいようですが、続けることに意義がございます。

3,何かを目標に設定する。

何かを目標にすると言うのはありがちですが、目標を立てることは何かを行う原動力になります。例えば痩せたらこの服を着る、またはどこかへ旅行に行くなど何でも問題ございません。

こんな苦しいダイエットをなぜ行うのかと言う目標を立てることによって続ける原動力にもなります。

このように、ダイエットを行うにあたって、心がまえでしたり何かに向かって行う原動力となる目標を立てることは非常に重要な項目です。

そんなこと面倒だと考える前に実際に行ってみるのはいかがでしょか。頭ごなしに否定するのではなく、まずは実際に行ってみることから始めてみましょう。