鍋ダイエット効果方法

おでんダイエットとは

おでんには全体的にカロリーが低い食材が多く、選ぶ楽しみもある、

という部分を利用してダイエットをする、というのがおでんダイエットの考え方です。おでんを食べていれば痩せるというものではありませんが、ごはん+おかずというスタイルの食事に比べると、カロリーコントロールが容易になるため、低カロリーにおさめる計算もやりやすいという利点があります。

また、まとめて作っておくことで手間が少なく、一人暮らしをしている人に人気のあるダイエット方法です。
 

おでんダイエットの方法

おでんに必ず入れる物と言えば大根、練り物、こんにゃく、たまごといったところでしょうか。

この中で特にカロリーが少ない具材は、大根とこんにゃくです。

自分で作る場合には、この二種類を多めに入れて煮込むようにしましょう。

もちろんしらたきや昆布などもたくさん入れて良い食材です。

餅巾着やウインナーなどはカロリーが高めなので、お楽しみとして食べるのならば、どれかひとつにとどめます。

練り物については、大きさや種類で一品当たりのカロリーが変わってくるので、パッケージを確認しておきましょう。

たまごは80キロカロリー前後、ジャガイモも大きさによりますが、だいたい同じくらいです。

好きな物を三品程度選び、それに加えて大根やこんにゃくを食べ、量を調節すると成功しやすくなります。コンビニで買う場合には、一つあたりのカロリー目安が表示されていますので、それを参考にして足し算を行いましょう。

自分でおでんをつくる場合の注意点としては、味付けをあまり濃くしすぎないようにするということと、揚げ物は必ず油抜きをしてから煮込むようにする点です。
 

おでんダイエットのメリット

まとめて作ると手間が軽減できる。

選ぶ楽しみがある上に、低カロリー食材で調整できるのであまり空腹感を感じずに続けられる。
 

おでんダイエットのデメリット

飽きないように工夫が必要。

外で買て食べるとそれなりの値段になり、負担。