おろしポン酢で「肉を恐れない、おいしいダイエット」ダイエットの有効な食事のコツ

ダイエットに取り組む女性のすべてが、食生活の改善を考えるにちがいありません。置き換えダイエットなど、さまざまな方法が紹介され、それを実践している方も少なくないでしょう。

けれど、長続きさせるためには、できるだけフラストレーションを少なくすること、つまり「おいしいダイエット」である必要があります。
ここでは、「おろしポン酢」にスポットを当てて、ダイエットの有効な食事のコツをお話ししましょう。

万能調味料、おろしポン酢

日本人でポン酢が苦手という人は少ないのではないでしょうか。「すっぱいのが、ちょっと」という方には、マイルドタイプのポン酢をお勧めします。味もさまざまな種類のものが出回っていますから、好みのポン酢を探すのも楽しいかもしれません。

鍋料理はもちろん、魚料理、あるいは野菜ドレッシングとして、汎用性の高い調味料です。そのポン酢に、できるだけたくさんの大根おろしを加えるというのが、お勧めしたいダイエット食です。「おろしポン酢」という商品を買うのではなく、あくまで大根おろしは自分で、たくさん作るのがポイント。大根おろしの消化酵素に活躍してもらうためです。

まずは野菜で、おなかを作ってしまう

食べる順番も、ダイエット食には重要です。最初に野菜を食べるという方法はわりと一般的でしょう。けれど、生野菜にドレッシングやマヨネーズをかけて食べたのでは、効果は半減。お勧めしたいのは、おろしポン酢で温野菜を食べるというやりかたです。
健康効果を考えても、生野菜より温野菜のほうが良いですから、それをおろしポン酢で、まず一皿食べてしまうのです。そのときに、コンソメやミネストローネなどのスープをいっしょに飲むとさらにいいでしょう。もちろん、おみそ汁でもOK。

それらをできるだけゆっくり、素材の味を楽しみながら食べていくのです。「ゆっくり」も大きなポイントです。そうすれば、たいてい、これを平らげた段階で、おなかはかなり満たされた状態になるはず。そのあとの主食の量が自然に押さえられるというわけです。

肉を毛嫌いしない

ダイエットに取り組む人は、「とにかく肉はNG」と考えがちです。もちろん脂身の多い肉をたくさん食べたのでは、なかなかダイエットはむずかしいでしょう。けれど、肉をガマンすることによりフラストレーションがたまり、その結果、長続きしない、あるいは成功後にリバウンドということが起きてしまうのです。

あくまでテーマは「おいしいダイエット」。量を控えめにし、茹でて脂分を減らすなどの工夫をすれば、肉も適度にとったほうがいいでしょう。

そして、そこで活躍するのが、やはりおろしポン酢なのです。豚しゃぶといえばおろしポン酢。おいしくないわけがありません。
もちろん鶏肉はお勧めですし、魚を使ったしゃぶしゃぶなども、味のバリエーションを楽しめます。

基本は「野菜とスープから食事を始める」こと。そうしておけば、あとで肉を食べたとしても、過食になってしまう危険をかなり減らせるはずです。そして、くりかえしますが、「ゆっくり」をお忘れなく。
減塩効果もありますから、一石二鳥と言っていいでしょう。