朝食抜きダイエットの悪循環!朝シッカリと食事をとることはダイエットの基本

よく、ダイエットしているから朝食抜きダイエットを行っていると言う言葉を聞きます。
朝食抜きダイエットと言うのは確かにテレビでも一時期取り上げられ世の女性に浸透していますし、その方法をとられている方も多いかと思います。
しかし、この朝食抜きダイエットは本当に効果的なのでしょうか。

朝食抜きダイエットを実際に行った経験をお持ちの方も多いと思いますが、わりと1食抜きダイエットの中でも手軽に行いやすいものです。
しかし多くの方がこの方法でリバウンド、もしくは挫折しているのではないでしょうか。
一時食事の量を減らせば、一時的には確かに体重が減ったりします。

しかし、それが続いていくかと言うとまた別の話です。何故でしょうか。
それについては色々と理由があります。

まず第1は朝の体の状態についてですが、朝は体にとっても目覚めの時です。

朝食をとることは、体温を上げ、代謝機能を正常に活動開始させる大事な作業です。
朝は、夜寝ている間に脂肪を燃焼したりと、体の中のエネルギーを思った以上に多く消費しています。

なので朝起きた時の体は言わば飢餓状態と言えます。
とても栄養を欲している状態の体に栄養を与えない、このことは色々とダイエットにとって悪循環を生み出す要因になりかねません。
そのまず1つ目が代謝機能を正常に活動開始させることを妨げる事にあります。
栄養を与えないと、うまく代謝機能が活発化せず、1日の始まりから悪循環を生みだしてしまうのです。

そして第2に、空腹状態のまま食事を抜いてしまう、この事によって

人間の機能として備わる栄養を蓄えようとする機能のスイッチが入ってしまう、これがダイエットの大敵となる恐ろしいスイッチであることも覚えておかなくてはいけません。

人間の体は飢餓状態が続くとそれをメモリーしてしまい、いざ次の食事となった時に、今まで以上に栄養を蓄えようとしてしまいます。

脂肪も今まで以上に蓄積しようとメモリーする事になってしまうので、朝食事を抜いて、空腹のまま昼食を食べればそれが余計な脂肪を蓄える原因になってしまいます。

人間の体のしくみを考えると、朝食抜きダイエットの悪循環が見えてきます。
ダイエットの基本はシッカリと朝食から食べて体の活動を活発にする事です。
それを忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク