実はあなたは太ってない、実はむくみだった!たった3日でスッキリボディ

現代女性のライフワークと言っても良いくらい、ダイエットを心がけている人は大勢いますね。
もともと良いスタイルの上、更に完璧なボディを目指して、日々のダイエットやトレーニングに励んでいる女性もいらっしゃいますが、そんな恵まれた女性は一握り。

ギリポッチャリ、隠れポッチャリ、ポッチャリ寸前…というアラポチャの女性は、食べたいスイーツも我慢して、脂と炭水化物を制限して、引き締めトレーニングに励んだりします。

太ってる?ムクんでる?

でもちょっと待ってください。
アラポチャの女性の中には、実に手早くスッキリボディを手に入れられる人が相当数いるはずなんです。
その方々がポチャに見えてしまう原因は、実は脂肪ではなくムクみ。

実際、脚のムクみに悩む女性は多く、仕事の後でブーツが履けなくなるほどムクむことも珍しくありませんね。それだけ、ムクみは馬鹿にできないものなのです。ブーツのように朝晩でハッキリ違いを確認できれば良いですが、顔や体が恒常的にムクんでいては、認知しようがないですね。
ムクみを解消するダイエットで、スッキリしたボディを手に入れるだけでなく、美肌への効果も手に入れることができますよ。

美肌のための食事がムクみを呼んでいた!?

現代の食生活では、ムクみをもたらす原因の「塩分」摂取量が多くなりがちなのは、皆さんよくご存知のことでしょう。
更に女性は、コラーゲンの摂取を目的として料理を選ぶシーンも多く、またそういう料理に限って味付けが濃いものが多いことも、塩分過多の要因の一つです。
更に、塩分過多な状態は喉が渇くだけでなく食欲も増進させます。体が水分か食物によって塩分濃度を下げようとするため、食欲まで刺激するのです。

ムクみの原因の塩分をカットする

塩分抑制ダイエットは、たった3日間塩分摂取を抑えるだけで、効果が感じられるダイエットです。
目標は1日の塩分摂取を3g未満にすることです。
塩以外の栄養素はキチンと摂取することと、水分摂取を怠らないことが前提となります。
たったそれだけですから、簡単ですね。

ただ、このダイエットを成功させるにはいくつかのハードルがあります。
一つ目は外食・中食。
いずれも塩分量を自分でセーブすることができませんね。ダイエットにチャレンジするには、できるだけ自炊できる3日間を選ぶのがポイントです。

2つ目は薄味によるストレス。
塩分を抜こうとすると、塩はもちろん味噌、醤油、ドレッシング、ソースなども、味付けから除外する必要があります。
つまり素材の味と、砂糖と酢くらいしか味のバラエティがなくなります。
濃い味やこってり旨み濃厚に慣れてしまった体は、かなり不満を感じるでしょう。
そんな時には、果物の酸味やスパイスを上手に活用して、不満を和らげてくださいね。
それでも我慢できない時は、3gの範囲内で、皿に少量の塩をのせ、食事を口に入れる直前にチョンと付けて食べましょう。塩の旨みがダイレクトにわかりますし、塩ってこんな味だったのか…と新たな発見もあるかもしれません。

減塩生活を3日続けると、4日目には体のむくみがなくなり、スッキリするはずです。
ダイエットに興味が無い方も、健康のために、時には減塩生活を試してみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク