ダイエット体験談!体重はこうやって減らす!良い方法と悪い方法

太りやすい体質なので、油断をしているとすぐに体重が増えてしまうのですが、ベスト体重から15kg増などで「これはダメだ」と思った時にダイエットを実行します。
過去にやってみた中のダイエット法を2パターン紹介します。
両方とも体重は確実に減りますが、方法が間違っているものもあります。

悪かったと思うダイエット法「食事制限」

<基本>
・朝食は摂らずに昼夕食の2回、間食は絶対にしない。
・お菓子類は一切食べない。
・油を極力控える。
・昼食:「ざるそば」か「カンパン2個」、時々「食パン1枚」。飲み物はウーロン茶。
・夕食は「ボイルした野菜」「湯がいた鳥のササミ」「ざるそば」「こんにゃく」「豆腐」を食べます。ライスは食べない。
・上記だけだとストレスがたまってしまうので、解消ツールとして毎日缶ビール(350ml)を1本だけ飲んでいました。

<2ヵ月実施した結果>
最初は体重の減りが早く、3日に2kgのペースで減っていきます。
それから徐々に減り幅がフラットに近付いていき、2ヵ月後には15kg減でした。

この方法の悪かったこと。
栄養のバランスが悪かったせいもあるのか、いつも頭がフラフラしていて、立ちくらみが頻繁に起こります。
また単純に体重が減っただけで、リバウンドしやすいダイエットだったと考えています。

この期間は食べる量が減っていたので胃が小さくなったせいか、終了後も少し食べると満腹、の状態でした。
しかし日に日に食べる量が増え、数年後には見事リバウンドする結果となりました。

この方法は健康上良くないので、やらない方がいいです。

良かったと思うダイエット法「カロリー消費」

<基本>
・最低週1日、休日は必ず走る(10~20kmほど)
・平日はできるだけ歩く(電車に乗らずに、1~2駅分ほど)
・半身浴をする(1時間ほど)
・飲食は制限しない(食べたい時に食べて、飲みたい時に飲む)

<消費カロリー目安>
・走る:スピードに関係なく、距離×体重=消費カロリー(kcal)
・歩く:1分間に3.3kcal
・半身浴:体重x0.0534x時間(分)x補正係数(*1)=消費カロリー(kcal)

(*1)補正係数
【男性】1.00(20~29歳)/0.96(30~39歳)/0.94(40~49歳)
【女性】0.95(20~29歳)/0.87(30~39歳)/0.85(40~49歳)

<結果(現在継続中)>
食事制限と違い、日々目に見えてわかるほど体重が減るわけではありませんが、ゆっくり体重が落ちていきます。
この方法を1年ほど続けていますが、現在のところ12kg減です。
結局は日々の摂取カロリーを上回るカロリーを消費すればいいわけですから。

カロリー消費と言う意味では「走る」がベストかと思います。
そして長い距離を走る時は、どんなにゆっくりでもいいので走り続けることが重要です。
一度歩いてしまうと足に疲労が押し寄せて、再度走り出すのが困難になるからです。
走り終えた後は半身浴、疲れを残さないように充分足のマッサージ行います。

飲食の制限がないので個人的にストレスがたまりません。
且つ、無理やり体重を落としているわけではないので、リバウンドしにくい体になっている(はず)と考えています。