食べ過ぎ、食い過ぎ、ストレス食いに注意!おいしいダイエット効果のコツ

ついつい食べ過ぎてしまって体重が増えてしまい、痩せる努力をしようと思いつつ食べる事を我慢してしまう事はダイエットをする時は特に気をつけなければいけない点ですね。
ここでは貴女が美しく、ストレスを溜めずに痩せる為の心構えをお教えいたしましょう。

病は気から、減らせる量から

体重はどうして増えるのでしょうか? 食べる事によって増えます。
しかし、だからと言って食べなくなってしまうと貴女の体が「飢えて」しまいます。
食べない時期が長ければ長いほど体は食べ物を吸収しやすくなってしまうので逆効果です。

カロリーー摂取をコントロール

ニンゲンは生きるために、毎日カロリーを消費して生きています。
1日に必要なカロリーは年齢や性別によって異なっています。
太るという事は1日に摂取したカロリーが消費されない分を体に蓄えるという事。
ですのでカロリー摂取を調整して体に蓄えられたカロリーを消費をすればいいのです。

知ってる?カロリーの正体

カロリーとはずばり、炭水化物のことを指します。
日本人の食卓ではお米の事です。そばやうどん、芋なんかも炭水化物です。
但し、気を付けてください。奇をてらって一切の炭水化物を取らないのではなく。
出来るだけ朝や昼に少しだけ摂取するようにして下さい。リバウンドが怖いですからね。

食事で痩せようカロリー消費

ダイエットに言いといわれる食べ物の中に納豆があります。
これは畑のお肉といわれているダイエットに万能な食べ物です。
脂分が多いお肉を控えるとたんぱく質の摂取が少なくなる分を納豆で頂きましょう。
かといって、一切お肉を食べなくなるのもお肌によくありません。
脂肪を分解しやすくしてくれるわかめや、森のバターといわれるアボカドなどが最適です。
アボカドに納豆を入れて食べるとおいしいですよ!

最後に、痩せるといっても食生活の乱れが肥満を招いているといっても過言ではない現代社会ですが、寝る前に食べ物を食べてしまうと太ってしまいます。
人はみな寝ている間に食べ物を吸収したりしていますから気をつけましょうね。

スポンサーリンク