ダイエットメニューも手作り!カロリーを控えながら食材を活用で健康ボディ

ダイエット中はできるだけカロリーを控えながら、でもビタミンやカルシウム、ミネラル、タンパク質はしっかりと摂る、これはダイエットを成功させるための掟といっても過言ではありません。

そんな時に市販のダイエット製品に頼らずに、いかに自分でレシピを研究しながらおいしくて低カロリーのダイエットメニューを作れるかという事は、途中で断念しがちなダイエットを飽きずに長続きできるという事だけでなく、料理の腕を上げるといった点でもメリットは大きいはずです。

きれいに痩せて料理も上手となれば、モテ度数も自然とUPする事でしょう。

様々な食材に含まれている成分や効能をチェックしていったら、どんな組み合わせでどういった調理方法を行えばカロリーを抑えられて美容成分もしっかり摂取しながら満腹感も得られるかといった事がわかってくると思います。

そんな中で常にストックしておくと便利なダイエット食材は、キャベツ、もやし、ごぼう、トマト、大根、納豆、こんにゃく、豆腐、わかめ、しょうが、にんにく、キノコ類、バナナ、パイナップル、リンゴ、鶏肉、玄米等です。
これらの食材を常にストックしておいて、上手に活用していけば自然と作る料理も低カロリーで高栄養を臨めるはずです。

おいしい手作りダイエットメニュー

豆腐とこれらの野菜を刻んだ物を一緒に煮込むだけでも、おいしいダイエットメニューが出来上がります。
バナナやパイナップルは、皮を剥いてカットして冷凍しておくとアイスクリーム変わりになって、甘い物が急に欲しくなった時のおやつとしてもお勧めです。
食物繊維とビタミンが豊富なので、市販のアイスクリームを食べるよりはいいでしょう。

さらにハンバーグやステーキといった肉料理を食べる時も、大根おろし入りのソースをかけて食べると、大根をおろした時に出る消化酵素が脂肪の分解を促してくれます。
大根おろしの入った和風ソースで食べるお肉もさっぱりとした上品な味わいなのでいいものです。
そしてあらゆるお料理のベースに、しょうがやにんにくのすりおろしや刻みを加えると、栄養も増して滋養強壮にもなったり、しょうがには体温を上昇させる効果もあるので自然と代謝UPにもつながるのです。

ダイエット食品ばかりはダメ

ダイエットについつい夢中になってダイエット食品ばかりといった偏った食生活を送っている女子よりは、楽しくお料理を楽しみながら上手にカロリーコントロールをしている女子の方が、異性から見たらきっと輝いて見えるはずです。

ダイエット効果と料理の腕前UPと二つを同時に叶えながら、モデルのようなナイスバディで家庭的という面も併せ持った素敵なレディになって下さいね。