事実!食べ方でこんなに変わるちょっとした工夫があなたの美を変える秘密


普通に考えたら痩せることは簡単なのです。いつも食べている食事、この食事のカロリー摂取以上の運動をすれば良いだけです。
ですが、ただ単に食事を一切食べずに断食のようなことをしても身体に悪く、食べなかった反動で、食べ過ぎてしまった時などは逆効果の結果になります。

計画的な行動がダイエット成功の近道

痩せる為には「計画的な行動」をしないといけないので、自分自身が痩せたいと思う気持ちの長続きがないと達成できないです。
まずすることですが、自分自身が1日どれだけ動いているかによって、食事の制限をしなくてはいけないです。動くカロリーよりも食べるカロリーが多いと太るのですから、少しずつ食べる物を減らしていきます。
減らすと言っても、肉や魚、野菜などは満遍なく食べて、健康的に痩せたほうがいいですが、砂糖などでできたケーキやお菓子、ジュース類はダイエットには厳禁です。

食べ方でこんなに変わる

食事は朝昼夜と食べますが、朝はたくさん食べて昼は少なめに食べて、晩飯は普通に食べていきます。朝の食事ですが、ご飯に味噌汁、納豆に卵焼き、小魚に生野菜などを満遍なく食べます。
お昼はパンやうどん、バナナと牛乳などで軽く済ませます。バナナと牛乳の組み合わせは、脳細胞の活性化の働きがあるので、かなりお勧めな食べ方です。
晩飯には、お肉などを食べてもいいのですが、3つ4つ程度で済ませて魚で刺身のほうを主に食べたほうが良いです。当然、生野菜などもたくさん食べます。
そしてここからが痩せる為の本題なのですが、

1品1品の量を減らす

この1日で食べている1品1品の量を「計画的」に減らしていきます。例えば、朝のメザシを3匹食べていたら次の日には2匹にしたり、お肉を4つ食べていたのを3つ、2つと減らしていきます。食べる食事を減らしていくということは、痩せたいという気持ちの心構えがないと出来ないので、長続きしてがんばる必要があります。そして自分の体重を毎日量って、体重が減っていれば、自分の動いているカロリーより食べるカロリーが少なくなったので、毎日同程度の食事を続けていきます。このように、食事で計画的に食べていけば理想的なダイエットができます。

部分痩せは軽い運動

ただし、部分的なところが痩せたい場合は、その部分の定期的な軽い運動を取り入れる必要があります。例として、お腹まわりが痩せたい場合には、朝と夜に定期的に腹筋を50回ずつやれば丁度良いです。

とにかく痩せる為には、計画的な行動が必要になってくるので、痩せたいという強い気持ちをもってやりましょう。