豆腐ダイエット法!ご飯やパンの代わりに豆腐が効果的

世の中に様々なダイエット法が紹介されています。
その時々でいろいろとブームになってはすぐ下火になるものもあります。
ここでは豆腐ダイエットをご紹介しましょう。

豆腐の効果

豆腐は言わずと知れた大豆食品です。
また「畑のお肉」と言われるだけあってタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質が減ると、筋肉が減り、基礎代謝が低下します。
その結果、痩せにくい体になってしまい、すぐに体重が増えてしまうのです。

豆腐ダイエット法

ではこれをどうやってダイエットに用いればよいのでしょうか。
基本的にはご飯やパンなどの炭水化物の代わりに食べるとよいでしょう。
豆腐は水分を含んでいるため、少量であってもボリューム感があり、満腹感がすぐに得られます。
さらに豆腐にはリノール酸が含まれていて、これが悪玉コレステロールを減らし、大豆レシチンは総コレステロールを減少させてくれます。
また、大豆サポニンという成分が、コレステロールや中性脂肪を低下させてくれるなど健康食品としても大変有効な食べ物なのです。

豆腐の種類

ところで、一口に豆腐といっても木綿豆腐やきぬこし豆腐などいろいろありますが、どちらでも結構です。
お好みに合わせて食べるとよいでしょう。調理方法は冷や奴でもいいですし、麻婆豆腐にしても構いません。
もし冷や奴として食べるなら、ネギとショウガを合わせて食べるとよりよいでしょう。 また毎食食べる必要はなく、1日に1回だけでいいのです。朝昼夜いずれに食べるのがよいのかとうことですが、できれば夕食の方が効果的です。

まとめと注意点

ただ、ダイエットには必ず言えることですが、これだけを食べていればいいというダイエットはありませんし、そのようなやり方はおすすめしません。
いわゆる「単品ダイエット」と呼ばれるものは体に変調をきたしますし、決して効果的とは言えません。
まして長期にわたる場合であればなおさらです栄養が偏ってしまっては全く意味がないのです。
ダイエットはあくまで健康的に行うのがベストです。