お腹周りの脂肪!運動で引き締めてスリムボディを手に入れるヒント!

部分やせの中でも結構難しいお腹周りのダイエットについて
これは食事制限よりも運動によって効果を高めることができます。

朝のウォーキング

まず簡単にできるところではウォーキング。朝起きて、できれば朝食前に20分以上行って下さい。
20分未満では意味がありません。最低でも40分くらいは続けましょう。
そのとき、大きく息を吸い、大きく息を吐くのです。そして腕を大きく振り、大股で歩きましょう。
慣れてきたら、ウォーキングするとき、お腹を左右にひねる、つまりツイストしてみましょう。そのとき、お腹に意識を持ってくるとなお効果的です。こうしてお腹周りの脂肪を燃焼させやすくします。

次に、腹筋トレーニングをします。

まずは普通に起き上がり腹筋です。
大きく体を前に倒す必要はありません。
垂直くらいまでで十分です。それ以上やっても意味はありません。
このとき、起き上がる際に息を吐き、体を沈める際に息を吸いましょう。最初は30回、慣れてきたら50回を3セットくらいやりましょう。

左右に上体をひねり

起き上がり腹筋が終わったら、次は途中まで体を起き上がらせた状態で、左右に上体をひねりましょう。
このとき、ちょうどみぞおちのあたりが鍛えられているのですが、その部分を意識することが大切なのです。
うまく意識できない人は軽くそこに手を置くだけで結構です。自然と意識がそこに集中します。これも最初は30回、慣れてきたら50回を3セットくらいやりましょう。

1週間くらい続ければ、ふだん歩いていても何となくお腹周りがすっきりして、背筋がしゃんと伸びるような感覚になります。
こうしたトレーニングは決して楽ではありません。しかし継続しなければ効果がありませんので、とにかく続けることです。

そのためには、あまり極端にストイックにならず、気楽に楽しく進めるのが、長く続ける秘訣です。一日サボってしまったからといって何も悔やむ必要はありません。たまには体を休ませてあげて下さい。

特に朝の気持ちよいウォーキングでは、マイナスイオンを体いっぱいに吸って、すがすがしい一日の始まりにしましょう。

スポンサーリンク