ダイエットを継続させるコツ!バカにされた言葉を思い出して乗り切る?

いざダイエットを始めようと思っても、なかなか続かない人も多いかと思います。
そんなダイエットを続ける為のコツについて、ご紹介します。

目標を明確にする

具体的にいつまでに、何キロ痩せるという事を決め、忘れないように書いて、手帳や部屋に貼っておきます。
ポイントは、書いて目に付く場所に貼っておく事です。
そうする事で、少しモチベーションが下がった時に、気持ちを持ち直す事ができるのです。
憧れのモデルの写真や、痩せたら着る予定の服を、目に付く場所に置いておくのもいい方法です。

毎日体重を計る

痩せてる時は嬉しい体重測定の時間ですが、停滞してる時ほど体重計にのるように心がけましょう。
できればグラフにして、自分の体重の変化を、視覚的に見れるようにしたいものです。
そうする事で、停滞期に入った時でも、これまで順調に痩せていたのだから、諦めずに頑張ろうと思え、気持ちを立て直す事ができるのです。

やる気を起こさせるのは悔しいという気持ち

もしダイエットを諦めそうになったら、クラスの男子にデブと言われた記憶や、誰かに容姿でバカにされた言葉を思い出して下さい。
悔しいという気持ちは、最大の特効薬になります。
美人になってギャフンと言わせる日のことを考え、自分を元気付け乗り切って下さい。

もしどうしても暴飲暴食したい時は

仕事で嫌なことがあったり生理前などは、つい暴飲暴食したくなります。
そんな時は我慢せずに、食べてしまいましょう。
ストレスを貯める事の方が良くありません。

しかしながら暴飲暴食にはルールがあります。

1週間に1回以内に抑える事と、翌日から2日間はヘルシーな食事内容で過ごす事です。
例えば食べ過ぎた翌朝は、グリーンスムージーを飲み、昼ごはんはお蕎麦やうどんで済ますというような内容です。
食べ過ぎてしまったカロリーは、48時間以内に消費するように心がければ、暴飲暴食しても太らずにすみます。

ダイエットを継続させるコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?
継続の為には、何かモチベーションを保てる物の存在が重要なのです。
今まで何度も諦めてきたダイエット、今年こそ成功させて、モテ女子を目指しましょう。

スポンサーリンク