体重の増減は、摂取カロリーと消費カロリーの差で決まる!

女性にとってダイエットは永遠のテーマといえるかもしれませんね。誰もが一度は取り組んだことがあるのではないでしょうか。あるいは、何度も取り組んだものの思うように成果が上がらない。一度は成功したもののリバウンドで結局太ってしまった。という方もいているかもしれませんね。ダイエットが上手くできない、という方の多くはダイエットの基本的な考え方が身についていないことが多いようです。なぜ痩せるか、なぜ太るかということを理解すればダイエットの成功率は格段にアップします。

ダイエットのメカニズム

昔から定番のダイエット方法といえば食べないダイエットです。今でもダイエットに取り組む方の多くが食事制限に取り組むのではないでしょうか。なぜ食事制限をすると痩せるかというと、食事を制限することにより体の中に入ってくるカロリーが制限されます。体重の増減は、摂取カロリーと消費カロリーの差によって決まります。
つまり摂取カロリーが消費カロリーより少なくなれば体重は痩せ、摂取カロリーが消費カロリーより増えてしまえば体重も増えてしまいます。どのようなダイエットに取り組んだとしてもこの基本は変わりません。食べないダイエットでは、消費カロリー以下に摂取カロリーを抑えることによりダイエットを目指すというわけです。

食べないダイエットの落とし穴

食べないダイエットをすると、摂取カロリーが制限されるので確実にやせることが可能です。しかし、ある期間取り組むと急に体重が落ちなくなるはずです。実は、過度に食事を制限すると身体が飢餓モードに入り、消費カロリーを少なくし、僅かな栄養を吸収する環境に入ります。つまり、食べないダイエットで痩せにくく太りやすい身体になってしまうわけです。

ダイエットの基本的な考え方

食べないダイエットは短期的には確実に結果を出しますが、長期的に維持するという面では非常に難しいダイエットといえます。長期的視点で確実にダイエットをしたい方は、カロリーを抑えつつ必要な栄養を摂取して、同時に運動を行うことで筋肉をつける必要があります。栄養を摂取することで飢餓状態に入ることを抑えることができ、筋肉をつけることで基礎代謝が上がり太りにくい身体になります。

この状態を保つことで、ダイエットを終えてからもリバウンドをしない身体を作ることが出来ます。現在では、置き換えサプリなどカロリーを控えつつ栄養を補給できる食品が多数登場しています。こうしたものを利用するとお手軽にダイエットに取り組むことが出来るはずです。