肥満にならない為に!ダイエット中の食事はバランスが大切

ダイエットするためにまず考えなければいけないのは普段の食生活です。よく食事の回数や量を減らすことを一番先に考えてしまいますがそれではダイエットは成功しませんので具体的に食事はどのようにとったら良いか考えてみました。

食事のバランス

ダイエット中に大切なのは朝食をしっかり摂ることです。朝のエネルギーになる朝食はたくさん食べても身体に脂肪が蓄えられにくいのです。
それは食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるからです。
旅館の朝食にあるような味噌汁、ご飯、魚、納豆という組み合わせがベストなのですが洋食なら、パン、ヨーグルト、ハムエッグそれにオレンジジュースなどが良いですね。

そして毎日バランスの取れた食事をするように心がけましょう。
早く痩せたいと言って食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり次の食事でよりエネルギーを
取り込もうとするので更に太りやすくなります。これをリバウンドと呼びます

目的は健康的にやせること

食事を減らす方法は、体重を減らすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてとても危険ですし老人のようになります。それだと健康的に痩せるいう目的とは違うものになり、大変危険です。それを防ぐにはいくら食べても燃焼しやすくするために適度な運動を組み合わせればベストです。

基本はまず3食をきちんと取り食事が不規則な時間になるのを防ぎましょう。
多少の甘いものはご褒美程度に取り体脂肪を燃焼できるので炭水化物の量は極力少なくする必要があります。 夜は極力控えめにゆっくり時間をかけて食事するようにしてください

バランスの取れた献立を考える

ダイエット中は1日の食事量にも気をつけましょう。まずは何よりも朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。夕飯はバランスの取れた献立で和食中心のメニューが良いです。
とくにエネルギーはお昼に一番消費しますからお昼は会社の食堂で食べたいものを食べて、
またデザートにプリンなどで脳にやる気を出させてあげてしっかり働けるようにしましょう。

このようにダイエットは何も高い食品を買わなくても自分の食生活をしっかり見直すことから始まります。
以上の事を踏まえてしっかり食べるダイエットで成功してください。