痩せたいなら守るしかない、糖分は1日20グラムまで あの飲み物は何グラム・・・

人間は一日に20グラムまでしか糖分を取ったらいけない事になっています。
塩が10グラムまで、というのはみんな知っているけど、糖分が20グラムまで、というのは意外と知らない人が多いです。

管理栄養士さんに言わせれば、ご飯とうどん、パンなどで十分で、それ以上甘いものは絶対に取る必要がないそうです。

だから、それ以外にコーヒーを砂糖入れて飲んだりするような人で大丈夫なのは、毎日重たい荷物を持ったり、運動したり、体をものすごく使う人であって、動きが活発な人。
事務作業のようにあんまり一日中そこそこしか動かないような人だと、ほんとにお茶でいいそうです。

そこへ甘ったるいショートケーキを何個も食べたりを毎日繰り返していたら、すべて脂肪に回ります。
一度ついたらもう、それはそれは取れないですよ。

それでも甘いものが食べ足りない時には。

大きい粒の飴を一個、朝食べることです。朝からあんなもの食べると、あー、太るわー、と自然に思えます。
気持ち的に『あー、太るわー』ってガッカリさせることをやり続けるといいんですよ。

そしたら、「ケーキ!いや、待って!食べるの、よすわー」「別にいいわー、食べたくないし…」ってなります。

自動販売機で売られているような飲料はお茶以外はすべて一日分の糖分オーバー!

缶コーヒーでも、たった180㏄しか入ってないのに35グラム砂糖入っているんですよ!
午後の紅茶も一缶30グラムは入っています。
ポカリスエットも500㏄だと、30グラム位入っています。

一度計りでサランラップをしいて、一日分の砂糖20グラムがどれだけかきちんと目で見ておいた方がいいですよ。

盛ったら、ちょっと絶句しますよ…

一缶35? ホント?ってなりますよ。だから、飲み物は自分で持ってくるべき!
あれだけでも相当違います!

満腹感が出るように、水筒に入れるものに工夫をします。外で買う飲料はもう太った人にとっては毒!と思って下さい!みんなが飲むから安心だと思いすぎています。あれはよく運動する人にはちょうどいいんです。

家で作ったコーヒーにきなこを入れたり、外では糖分が多そうなのは買わないようにします
のどが渇いて、口が寂しくなったらジューサーで!
野菜と卵とりんご、ハチミツメインで!