バナナとキャベツで健康ダイエット!半年で20kg減も夢ではありません!

普通の生活では、毎日朝食・昼食・夕食と何も考えずに好きな物を好きなだけ食べていると思います。
そして、ダイエットの為に無理な食事制限をして、つらい思いをされた方がいらっしゃると思います。
そのような方にお奨めなのが、普段の食事の中にバナナとキャベツを置き換え・追加し、食べる順序をしっかりと意識して食事をする事で、健康的に痩せる事が出来るダイエット法です。半年で20kg減も夢ではありません!

朝起きたら1杯の水と朝食はバナナ1本を食べる

朝起きたらまず、1杯の水を飲みます。これは、就寝中の水分を補給する意味があります。
そして、朝食はバナナ1本を食べます。バナナ1本(100gあたり)のカロリーは、ごはん茶碗1杯分のカロリーの1/3の約86kcalとなっており低カロリーです。

そして、ビタミン・ミネラルが豊富、食物繊維も豊富、オリゴ糖による整腸作用あり、免疫力アップ作用あり、精神安定作用ありと優れた果物なのです。

昼食時や夕食時の最初には必ず千切りキャベツを食べる

昼食時や夕食時の一番最初には、必ず千切りキャベツを食べます。分量は100g位、キャベツの葉3枚位です。
コンビニやスーパー等で、千切りキャベツが袋入りで販売されていますのでそれでも良いです。
大切なのは生で食べる事です。

そして、調味料もノンオイルを使用しましょう。キャベツは、ビタミンC・ビタミンK・キャベジンで抗潰瘍作用のあるビタミンUが含まれています。

食べる順番が大切

食事をする時は、食べる順序が大切です。順番は①キャベツ(サラダ等)、②汁物(お味噌汁やお吸い物等)、③おかず、④ごはんの順番です。

特に①は、上記キャベツの効果と共に、野菜に含まれている食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにし、脂質の吸収を抑える働きがあります。血糖値が急に上がると、インスリンが大量に分泌され、脂肪を蓄えやすい体質になってしまいます。

上記3点をしっかり意識して食事をするだけで、簡単に健康的に体重を減らす事が出来るでしょう。また、他のダイエット法との組み合わせも簡単に出来ますので、ぜひチャレンジしてみて下さい!

スポンサーリンク