ダイエットの成功のカギは「焦らない」&「褒める」 3つのポイント

女性なら一度はダイエットに挑戦したり、挑戦しようって考えたりしたことがありますよね。
でも、なかなか成功談って聞かないですよね?
ってコトは、ダイエットに成功した人ってダイエットCMに出てくる人やホントに少数の人なのか…というと、そうでも無いんです。
では、どうしてダイエット成功者が周りに少ないのか?ダイエットってそんなに難しいの?どうしたらダイエットは成功するの?
ちょっと考えてみましょう。

①自分を大目に見てあげましょう。

どんなに飽きっぽい人でも3日間ぐらいは間食を抜かしたり、食事を減らしたり、運動をしたりを続けることは出来るものです。
世に「三日坊主」って言葉があるぐらいですから。
そして多くの女性は3日目に間食してしまったり、運動を休んでしまったら「やっぱりダメだった~」ってダイエット自体をやめてしまうことが多いのです。

そして、「ダイエットに失敗した!」の結論に落ち着くのです。
でも、3日間間食やめて、次の3日間食べて、その後思い出しまた3日間間食をやめて…その次は2日間間食して…。
もし、そんな繰り返しになったとしたら…。毎日欠かさず間食し続けるよりは、確実に摂取カロリーは減るはずです。(勿論1回に食べる量がバカの様に増えてはいけません)。運動だって同じです。毎日ちゃんちゃんとやるダイエットに比べたら、成果は少ないですが、やらないよりは効果があるはずです。

OLさんもママ、主婦も毎日いろんなコトがあって、「ダイエットなんてやってられるか!」って日もあります。
完璧なダイエットが出来ないからってダイエット自体をやめてしまうよりは、自分のいろいろな事情を鑑みて、自分を多め見てあげて、出来る範囲でダイエットを続けることです。
ちょっとでも続けらたら、自分を褒めてあげるぐらいの気持ちでいいんです。

②大きな成果を求めない

でも、そんなタラタラしたダイエットだったら中々効果は出ないって思いますよね。そうです。すぐには効果は出ません。
大きな効果や短期間に目に見えて痩せるってコトは中々ありません。
でも、間食をちょっとづつ減らせば、今まで全然運動しなかった人がちょっとでも運動すれば…。ちょっとは変化があります。その「ちょっと」を積み重ねれば、それが成果になってくるのです。

「やらない」との「やる」のでは、大きく違います。1ヶ月後は変わらなくても半年後、1年後が変わります。
毎日毎日は「やらないよりまし」程度でいいんです。
もし、体重計に乗って、100グラムで減ってたら、大きな声で「やった!」って言うぐらい小さな成果を喜んでください。

③そして褒める

さて、適当な継続のダイエット、ホンノ僅かな成果のダイエット。
それでいいんです。
大切なことはダイエットを苦行のように続けるのでは無く、無理なく続けることです。
「ちょっと続けられた」「少しすっきりしたかも」そんな自分を褒めて、褒めて認めてあげましょう。

人間誰しも、褒められたり、認められないの頑張ることは出来ません。
ダイエットは誰のためでも無く自分のためです。だから自分で「頑張った」「成果があったかも」って時は遠慮しないで、自分を褒めましょう。

つまるところ、ダイエットは続けなくて意味がありません。
急激なダイエットをしても続かずにリバウンドしたり、体を壊しては元も子もありません。
自分に甘いダイエットで無理なく、長期的に健康に痩せることが一番自分らしいダイエットなんです。

スポンサーリンク