こんなダイエットあり!今の自分では痩せない!他人になりきって痩せる方法


今の自分のままで痩せていくなら良いのですが、そうでないなら痩せる方法は、他人になりきることです。
他人といってもだれ言い訳ではなく、あなたの理想の人、なりたい体形の人です。
その人が自分の体に入っていると思って普段の生活を変えてみます。

1、その人なら何を食べるか

食事療法が苦手で、我慢がつらいという場合、自分の好みではなく、その人が何を食べるかに想像を集中すると、いつもと違う食事も抵抗なく続けられます。
体に良いものを自然に選び、また正しいと思われるもの選んでいることでより満足感もあります

2、その人なら何を着るか

家だからといって楽な服装をしたり、外出時は、好みより、着やせして見えるものを優先してしまうという場合、その人が着そうな洋服を目標として設定します。
少し無謀でも家の中で着用し、人前で着用できるくらいの状態になるよう目指します。

3、その人なら、どう動くか

運動や動くこと自体が苦手で、何でも面倒に思えてしまう場合、その人ならどう動くかを想定して、家事や仕事をこなします。いつもより姿勢良く掃除機をかけたり、また丁寧な動きを意識して、家事をするだけでも、消費カロリーがぜんぜん違います。

4、その人なら、どのくらい美容に気をつかっているか

メイクやマッサージ、お肌の手入れなど、あまり時間をかけていないという場合、自分の理想とする人なら、どのくらい美容に気を使っているかを想像して、実際にしてみます。
今まで、あまり手をかけていなかったお肌やメイクに改善が見られると、余計楽しくなるものです。
黙っていても、時間をかけるようになり、より美容に気をつけるようになります。

人それぞれ良さや体質がありますから、いい悪いは別として、普段と違う行動を意識し、知らず知らずのくせや食べすぎなどの失敗を減らすために、効果的です。
少しでも、効果が出ると、気持ちも前向きになり、さらに努力も続けられ良い循環になります。
他人になりきるといっても、あくまで想像ですから、自分なりの良いサイクルが出来上がるので、その後は良いと思える方法を色々取り入れ、独自の痩せるスタイルを作っていくことができます。
普段の生活がいつの間にか変わります。