ぽっちゃりさんが今より確実にスリムに見える技!

女性にとってスタイルの悩みは、一生付き合わざるをえないもの。それこそ一人で何カ所もの悩みを抱えている人も多いのではないかと思う。そこで、ここ限定で細くと言うよりは、全体的にスッキリ見えるようにしたい。

洋服のサイズ選びについて

洋服のサイズ選びで重要なのは、必ず自分のサイズのピッタリ合っている事。合うという事は、入るという事とは全然違うという事。少しくらい小さくても、脂肪は柔らかいので移動して多少小さくても入ってしまう事がある。これではどこかにシワが入ったしてよけいに太って見える。
サイズが合っていると言う事は、洋服そのままのシルエットで着られるという事です。という事は、若干のよゆうがあります。この若干のよゆうがスタイルよく見える技です。
余裕がありすぎる物もNGです。あまり大きすぎる物もよけいに太ってえます。

細い部分に視線を集める

視線を逸らせる技は良く聞きます。これも重要で太ももが太いとすると、その部分で切れたパンツやスカートをはかないなど。これをもう少し進めて、手首だとか足首だとか、自分の細い部分をあえて強調して出していく。
足首が細いのなら、足首が見えるラインのパンツ丈の物をはく。手首が細いのなら少し袖をまくって手首をあえて出してきる。
見えている部分が細い事でそこから体型を想像するので、細い部分をあえて見せてそこに視線を集める事によって細く見せる。

目の錯覚を利用する

縦ラインを強調した服の着こなしにする。たとえばワンピースの上にロングカーディガンなどをはおって、縦ラインを強調する。間違ってもボタンを留めたりしない。縦のラインを途中で切らないような着こなしにするとスタイル良くすらりとした感じに見える。
上にポイントを持ってくることも重要。ストールやスカーフ、スヌードなどで視線を上に持って来る事も重要です。
最後に素材選びにも少し注意をはらって、ハリ感のある素材を選ぶことでおち感が良くなり、体型をカバーしてラインがそのまま出ないので、スタイルアップにつながります。これで、今よりは確実にスタイル良く見えるはずです。