隠そうとするところが、目立ってしまうふっくら体型解消のテク!

気になるウエスト、ヒップまわり、二の腕など、できるだけ隠そうとチュニック、大きめのTシャツ、だぼだぼのシャツを愛用していませんか?

残念ながら、かえって、ふっくら体型を強調してしまっているのです。

サイズはぴったりで

ふんわりチュニックを着ていれば、体型カバーできて安心というのは、誤りです。大きな服は、その分、中身も大きいと思われてしまいます。Tシャツ、シャツも同じです。
かといって、ぴちぴちのものは、肉づきがいいというイメージをインプットされてしまいます。ジャストサイズのものを選びましょう。

デザインは縦線を

縦線を強調するデザインが、すっきり見せるコツです。キャミソールの上にシャツをはおる、前あきのカーディガン、ジャケットを着るなど、縦線をつくり出します。襟の細いテーラードジャケットは縦線効果も大きいです。スカーフ、長めのネックレスなどのアイテムも使います。スリムなパンツも同様です。
トップスを小さくするなら、幅広のパンツがおすすめです。パンツのすそが風にゆれると、
細い脚だと思わせます。

柄は大胆に

花柄なら、小花模様でなく、大きな花柄。チェックなら、めりはりのきいた、はっきりしたもの。縞なら、横より縦の縞。細い縞は避けます。縦縞でも太すぎると横に広がってみえるのでNG。逆に、太い横縞・ボーダーは、すっきりみえるのでおすすめ。縞と同色のパンツと合わせましょう。

色は好きな色で

色は、基本引き締め効果のある、黒、紺ということになります。コートやジャケットなど着る期間が長く、見える面積が大きいものは、膨張色は避けます。
でも黒、紺は、顔を大きく見せたり、二の腕を太くみせたり。それに黒、紺ばかりで、個性を消してしまうのは、あまりにも残念。あなたの魅力を引き出す、顔映りの良い、好きな色をチョイスしてください。

ふっくら体型を隠そうとかえって目立たせてしまうことにならないよう、すっきりコーディネイトをこころがけましょう。欠点を隠すのではなく、魅力を押し出してくださいね。

スポンサーリンク