体型の悩み、服で何とかする方法!太っている人も痩せている人も、服選びでお悩み解消

体型の悩み、服で何とかできない?

女性ならどうしても気になる体型。せっせとエクササイズや食事療法をしているのに、いっこうに痩せないのは女子にとっては永遠の悩みの種ですね。反対に、食べても食べてもボリュームが出なくて困っているという細身のひともいます。いずれにせよ、どうしても変えられない体型ならば、洋服で上手に隠す方法を考えましょう。

下半身が気になる人が着痩せして見えるコツは

まずは着痩せして見える方法です。体重が同じようなのに、なぜか細く見える人がいますね。そういう人は服のボリュームを上手に調整して、見た目でスリムさを強調しているのです。下半身が気になる人は、上半身にボリュームがあるトップスを持ってきます。フリルやリボンがついたものがいいですね。上半身を強調することで、全身のバランスが取れます。

ぽっこりお腹は隠そうとすると逆効果

太っている人が特に気にするのはお腹です。お腹まわりは最初にぜい肉がつきやすく、部分痩せができません。それだけに体型カバーが難しいところですね。お腹を隠そうとするあまり、ダボダボのシャツなどを着る人がいますが、あれは逆効果です。お腹を隠したい人こそベルトで引き締めて、服の上だけでも、くびれを作りだしましょう。お腹以外の場所をきれいに見せるコツは、細い部分を外にだすことです。たとえば鎖骨や手首、足首など。逆に二の腕やお腹などはボディラインが分からない服を選びましょう。

ただ細いだけでは、メリハリがないボディラインに

太っているわけではないけれども、体型にメリハリがないというひとは、上半身をふんわりとカバーできるアイテムが便利です。細身の人はそのままのボディラインでは、パンチがなくてややさびしい印象がありますね。そういうときは胸下で切り替えがあるものをきると、かわいらしく決まりますよ。スカートもシフォン素材など、ハリのある素材を使いましょう。自然と服だけでメリハリがついて見えます。

自分の短所を上手く隠して、長所だけを強調しましょう

男性からの視線も気になりますが、女性にとって本当に気になるのは、同性である女性からの視線です。体型に悩みがあるのはお互い様。誰でもがモデル体型なわけではありません。不満のある体型をどううまく隠すか、自分の長所をどう生かすか。このあたりはアイテムの使い方で全然変わりますよ。