太って見えない着こなしの極意!痩せている人よりも魅力的に

最近、ぽっちゃりさんでもお洒落に見える着こなしが流行して、ぽっちゃりさん専用のファッション雑誌が創刊されるなど、これまで体型を隠す事ばかり考えていた人には目から鱗の情報がある事をご存知ですか?
痩せている人だけが洋服を綺麗に着こなせるわけではないのです。
ぽっちゃりさんでも、時には痩せている人よりも魅力的にかわいくお洒落が出来る事を知って、楽しい毎日を過ごしましょう。

サイズ感を大切に

例えば、Lサイズの服が入るからと言っても、ぴったりと体のラインが見えるものはやはり太ってみえがちです。
それならば敢えてLLサイズを選んで体のラインを曖昧に見せた方が、すっきり痩せて見えるものです。

しかし逆に、体のラインを気にする余り本来ならばLサイズで丁度よいのにLLサイズを着るのもいけません。
洋服の記載サイズはあくまで指標です。自分はLサイズ、と決めつけず試着をして、ぴったりと合うものを探すのが大切です。

ワンポイントで視線を反らす

胸元にボリュームがあるのが気になるなら、スニーカーやハイヒールに少し派手な柄物な色物を取り入れるだけで、人の視線はそこによく行くようになります。

逆に下半身が気になるなら、帽子やスカーフなどで視線を上げる事で全体的なシルエットが、実際よりも細い印象を与える事が出来ます。
よく、太っているからといって黒やグレーなどの暗い色を一色だけで着ている人がいますが、それは返って逆効果です。

首、は敢えて見せる

太っているのを隠すために、体全体を覆ってしまうのはいけません。
特に首と付く箇所、首、手首、足首は、敢えて出している方が、実は痩せて見えるのです。

タートルネックなどで首を覆うよりも、Vカットのセーターを着た方がすっきり見えますし、長袖よりも七分袖を着る方が腕全体が細く見えるのです。

どうでしょうか?
体型を隠すため、今までは上記の事と逆の事ばかりしてませんでしたか?
自分を変える事はとても大変だと思いますが、少し見方ややり方を変えるだけで、その後は大きく変わります。
ぽっちゃりさんだからと諦めず、お洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。