ダイエットに失敗、体型が気になっておしゃれできない人の着やせするコーディネート ポイント

ダイエットに失敗、体型が気になっておしゃれができない、と思っていませんか。
ぽっちゃりさんでも体型をカバーしておしゃれを楽しむことができます。体型をカバーするファッションとはどんなものでしょうか。

自分に合ったサイズを選ぶ

体型をカバーするためにゆったりとした服を選ぶ方が多いと思います。ですが、だぼっとした服は膨らんで見えてしまいます。
きつすぎる服は変なところにシワがより、気になる部分に注目を集めます。
体型をカバーするために大きめサイズを選びたかったり、大きいサイズでないと着れないことを認めたくなく一回り小さいサイズを選びたいかもしれませんが、自分に合ったサイズが一番やせて見えるのです。試着をしてダボダボせず、ピッチリでもない自分に合ったサイズを選びましょう。

気になる部分を隠す

自分が気になる部分が他人の目のいくところとは限りません。まず全体を見て、それから細部を見ていきます。だから、他人が自分の気になる部分に目がいかないようにすればいいのです。

お腹が気になる場合は、襟元や胸元などお腹より上の部分に注意がいくようにします。襟元に飾りが合ったり、ネックレスなどアクセサリーで胸元に注意を集めるようにします。
ふくらはぎが気になる場合は、一番太い部分でスカートが切れないようにします。太い部分よりも上か下の丈のスカートを選ぶようにしましょう。

目の錯覚を利用する

カラーが横で分断されるよりも、縦で分断されている方が細く見えます。例えば、明るい色を両サイドを黒のラインで挟むと、明るい色が黒と横で分断されるよりも縦に細く見えます。
横で分断されないようなカラーコーディネートにすると着やせします。
背が低く横に広がってぽっちゃりと見える場合は、裾を広げて下へ伸びるように見せると実際よりも背が高くスラッと見えます。
裾が広がったスカートやブーツカットのジーンズなどは、背を高く見せてくれます。

ぽっちゃり体型でもコーディネート次第で細く見せてくれます。着やせしておしゃれを楽しんでください。