着痩せの極意!見せたくないものは見せない見た目マイナス3キロ!

結婚式やパーティへの招待や気になっていた彼からの急なデートの誘い、こんなときもうちょっと痩せてたらなあと鏡を見ながら思ったことありませんか?
ダイエットをして数センチ痩せても意外と周りは気付いてくれないし、服選びによっては逆に太った?なんて聞かれることも!そんな方は着痩せでダイエットを成功させたことにしちゃいましょう。
着痩せのポイントをご紹介します。

自信のないパーツは隠して見せない!

人それぞれ見せたくない、見せられないパーツってありますよね。おなかがぽっこり、足がダイコンのよう、二の腕がぷよぷよなどなど・・
そんなところは無理に細く見せる必要はありません。無理して見せずにいっそ隠しちゃいましょう。
おなかを隠すためにロングトップスやチュニック、ワンピースや足は太ももならゆるパンツやスカ―ト、全部ならロングスカートなどとにかく隠しましょう。

自信のあるパーツを見つけてそこを強調!

膝から下は細いのよ、デコルテは人並みにきれいなの、腰は細めなどなど、どこかでほっそりポイントを作りましょう。自信のないところをただ隠しただけだと冴えないファッションになりがちなんです。
メリハリが大事です。長め丈のドルマンニットで太ももと二の腕を隠したらスキニ―パンツで膝下をほっそり見せて、大ぶりのブレスレットで手首をほそ見せなどが例です。

ほそ見せのポイントが見つからないあなたに朗報です。

私に細いところなんてないとやけっぱちのあなたにいいおしらせです。“首”とつくパーツはみんな細いんです!
試しに手首と足首を出して見ましょう。パンツは七分丈にしたりロールアップしてヒールを履いてみてください。
少し足がほっそりして見えるはずです。シャツも長袖のまま着るより少し腕まくりしてみましょう。

コーディネイトに軽さが生まれます。ぬけ感ともいいますね。
つまった首元を少しあいたVネックにしてみてもいいです。うなじを見せても抜け感は生まれますよ。
なんだか重たいコーディネイトのときはどこか首を出して見ましょう。
すこしすっきりした見た目になるはずです。

着痩せの極意を実践すればなかなか効果のでないダイエットを挽回できます。
着痩せのテクでマイナス3キロを叶えましょう。