ファッションでスタイルよく見えるように!ひと手間で見違えるスタイル!ラクして着やせ

痩せたいけど、正直体重を減らすより痩せて見えればそれでいい!
というのが実は女性の本音ではないでしょうか?
もちろん、体を絞って、体重制限をして…と理想のスタイルに近づければよいのですが、現実はそううまくはいきません。

でも、ファッションでスタイルよく見えるようになれれば、それで万事解決。
そこで、ファッションにちょっとしたひと手間をくわえるだけで、ぐっとやせて見えるようになるテクニックを伝授します。

マネキンを真似て着やせ

こんなことはないでしょうか?
ショップのマネキンを見ていて、素敵!と思う服があったので、さっそく試着。
試着室を出て鏡を見ると、あれ、なんか違う…。
あのマネキンはすっきり見えるのに、自分の姿はもったりしているような、太って見えるような…。

なぜマネキンとおなじ着こなしができないのか?
答えは簡単です。
マネキンをよーく見ると、洋服の後ろを
クリップやピンのようなもので留めているのがわかります。
洋服のサイドをだぼつかないように後ろで留めておくことで、やせて見えるのです。

さすがに、自分の洋服を同じようにクリップで留めることはできないので、服の内側から同系色の糸でちょっとだけきゅっと絞るように縫い付けることで同じ効果が得られます。

ショップ店員さんも、この方法を使っている方は実は結構います。
このひと手間を加えるだけで、スタイルがぐっと引き締まり、シルエットがとてもきれいになります。

筋・骨を見せて着やせ

筋・骨…と言うと何だか変な感じがしますが、簡単に言うと、鎖骨・ひじなどを見せる。ということです。
この部分を見せることによって、華奢で女性らしいイメージを強調することができます。

太っていて鎖骨が浮き出ない…という人は、ここでちょっとした細工を。アイシャドー等を使って骨の下部分に薄く影を入れると、
きれいな鎖骨を作ることができます。
やりすぎはいけませんが、鎖骨の影があるのとないのでは、見た目の痩せ度が驚くほど違います。

ダイエットに失敗した、思うように痩せられない…と思ったらぜひこの方法を試してみてください。
きっと周囲から「痩せた?」と言われるでしょう。

スポンサーリンク