やってはいけない逆効果!ぽっちゃりさんがやりがちNGコーデ 3つ

ぽっちゃりを隠したいあまり、ついついやってしまいがちのコーディーネート、自分はカバー出来ていると思っていても実は逆に太って見えているというファッションが多々あります。
今日はそんなNGファッションについて勉強していきましょう。

胸元切り替えのトップス

ウエストが高い位置に見えるから、足が長く見えるからと思いがちな胸元切り替えのトップスですが、これはぽっちゃり体系の人には逆効果、絶対にやってはいけません。
ウエストが逆に強調されてしまいふっくらと見えてしまいます。
視線もウエストに集中してしまう為危険なコーディネートの一つです。
切り替えるならウエスト切り替えのものがお勧め、こちらのほうはウエストが断然細く強調されます。

パステルカラーは避ける

やはらい淡い色というのはどうしても膨張して見えてしまいます。
もしどうしても期待のであればトップスで使うこと、下半身でパステルカラーは太さを強調させてしまいます。
トップスに淡い色を持ってきたらボトムスは濃い目の色で引き締めると細く見せることが出来ます。
淡い色を着るくらいであれば潔く白を使うほうが実は細く見えます。

ゆったりとしたサルエルパンツは危険

足首も見えるし、太ももがカバーされるし、と言ってついつい買い足していってしまうのがサルエルパンツです。
細い人は細さが強調されるパンツではありますが、ぽっちゃり体系の方にとっては危険な存在です。
太い人はサルエルパンツをはくことによってもっと太く見えてしまうのです。
ぽっちゃりさんが細く見えるのは断然スキニーパンツ、一見太く見えるんじゃないの?と思いがちですが、実はスキニーパンツは細く見せるアイテムだったのです。
足首が強調されますし、ウエストも細さが強調されますから想像以上に細く見えます。
サルエルパンツは早速明日からやめましょう。

黒ばかりに頼らない

黒色を着ればとりあえず細く見えるは間違いです。
ふくよかな方が、全身黒を着ていると体のラインがそのまま映り、かえって太って見える場合があります。
確かに黒は引き締めの色です。
つまり、自分が引き締めたいなと思う箇所に使います。
肩の丸みや背中が気になる場合は、ふんわりとした黒のカーディガンを羽織りましょう。
ふわっとしたシルエットが丸みを隠し、実際よりもスリムに見えます。
この時に、ピタッとした黒を羽織ってしまうと逆効果なので気をつけましょう。
ウエストを細く見たせたい場合は、黒いベルトをさりげなくつけて引き締めポイントを作ります。
下半身の場合は、黒のパンツやレギンスを履いて少し足首のラインを誤魔化します。
つまり足首をあえて見せたり、足首の部分がくしゅくしゅとなっているものを選びます。

スリムに見える丈

ふんわりした服がイコール太って見える訳ではありません。
よくあるコーディネートで、ふんわりワンピースにレギンスという組み合わせがありますが、この場合は丈が重要なポイントになってきます。
全体的にぽっちゃりしている場合、上から膝下までのふんわりワンピースを着てしまうと、体系は丸く見えてしまいます。
この場合は、胸の下から切り替えのあるワンピースで膝上の丈にします。
ウエスト部分が作られて、足も長く見えますし隠したいお尻は隠せます。
下半身の場合は、ストンと落ちるタイプのワンピースで膝下まであると上のラインのままになるので、スリムに見えるのです。

ぽっちゃりだからとカバーすることばかりを考えていると逆にぽっちゃりを強調しているというもったいない方を沢山見かけます。
間違いだらけでせっかくのおしゃれも楽しめないんじゃつまらないですよね。
コーディネート次第でほっそり見せることも十分可能です、さぁぽっちゃりさんも沢山おしゃれを楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク