間違ってない?!ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び!

体型が気になるみなさん、実は洋服サイズも気になっていませんか?

体型を隠そうとしてサイズを大きめなサイズを選んでませんか?
パサッとした服や、ワンサイズ大きい服はかえってぽっちゃり見えてしまうかもしれませんよ。
そこで今回はぽっちゃりさんの洋服のサイズ選びのポイントを紹介します。

洋服サイズが落とし穴

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び01

日々ダイエット等でサイズダウンに励んでいる人はLサイズからMサイズになれば、もちろん嬉しいでしょう。
しかし、洋服というものは入ればOKではないのです。
太っている人も細い人も何故か小さいサイズが良いって思っている人が多いのです。

脂肪というものは柔らかいので、ぐっと締めれば小さめサイズでも入るでしょうが、そんな選び方をしていると、洋服の変な部分に皺が寄ってかえって太って見えるものです。

ゆるいラインの服でいいのか?

じゃあゆるいラインがいいのか、と言われそうですが、それもちょっと違う気がします。
体型が完全に隠れるラインの洋服では、体も緩んでしまいますし、何よりも太って見えます。

洋服選びで一番大事なのは、自分のサイズに合っているということ

そうすることによって、あり得ない部分に皺ができるということもなく、お店に飾ってあるままのシルエットで洋服を着こなすことが出来ます。
その洋服のデザインを最大限に生かすためにもサイズをきちんと選ぶことは大事です。

そして、サイズというのはM・L表示だけでなく、スカートやパンツの長さも含めてのサイズであるということも忘れないで下さい。

視線をそらせるのがコツ

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び02

どうしても気になるお腹だとか足は、隠してしまうのではなく、視線をそらせるのがコツ、という話を聞いたことがあると思います。
例えば「太ももが太いと思っているなら、一番太い部分で切れているスカートやショートパンツは避け、一番細い部分である足首あたりで切れているスカートやパンツを選ぶと良いでしょう」というようなアドバイスです。
実は人は見える部分からその中身を想像するものです。
つまりスカートやパンツの丈も非常に重要なポイントなのです。

チュニックが長く流行していましたね。
お腹が隠れるから重宝されていたしょうか?
しかし適当に選んでいたら、とんでもなく大きなお尻を目立たせていた、なんてことになっていた可能性もあります。

今後は洋服の丈を含めて自分のサイズをしっかり見極めてください。お店によっては有料かもしれませんが、長さもリフォームしてもらえます。

ここで手を抜かずにきれいなシルエットを目指して、体型をカバーしてオシャレを楽しんでください。

チュニックファッションの落とし穴

デニムを履いて、チュニック丈のトップスを着て、インナーには薄手のタートルネック。
アウターはダウンコート。この着こなしは確かに暖かいし、ボリュームのある箇所がフワッと隠されているように感じます。

しかし、実際はダウンの下から中途半端に出されたチュニックによって、より太って見えるのは間違いありません。
ダウン、チュニック、デニムと何段にも横に寸断されたシルエットになるため、すっきりしないのです。

チュニックを着る場合の改善策

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び03

デニムに重ねるならスリムタイプ、もしくはレギンスにする方が良いです。
フレアタイプのデニムに重ねるとボリュームがありすぎて、太って見えますよ。
理想はタイツもしくはレギンスを履いて、チュニックはベルトなどでウエストにくびれを作ったほうが、すっきりとスリムに見えます。

寒い季節には、ニーハイタイプの裏毛のついたブーツを履いてみてください。
驚くほどあたたかで、それまでのデニムに重ねたチュニックとは全く違う、垢抜け感が出ますよ。

インナーにタートルネックの洋服を着る人も多いのですが、これだと抜け感が無くて、もっさりとしちゃいます。
インナーは丸首のものにして、フワッとストールを巻くのがおすすめです。

大切なのは色選び

チュニックでアースカラーを選ぶ人は多いです。
しかしこの色こそ、地味で太って見えてしまうものです。
出来るだけ明るめの、もっと自分に似合う色を選んでみましょう。

ビビットな赤やオレンジだと、お洒落に見えるのはもちろん、すっきりとスリムに見えます。
派手目のいろを選んだら、ストールなど小物はグレーやベージュなどシックな色を合わせ、
反対にシックカラーのチュニックを着る場合は、小物をビジュー系にしたり、きれいな色をチョイスしましょう。

ほんの少しの差で、おしゃれにスッキリと見えるものです。

ハイヒールのススメ

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び05

靴はハイヒールがいいです。美脚に見えます。
しかし ハイヒールに慣れない人は底厚のハイヒールがいいですね。足が疲れないです。細いハイヒールはなれてる人はいいと思いますが慣れない人 又 長時間だと足が疲れてしまって逆にふくらはぎが太ってしまうことがあります。

ですので 疲れない厚底ヒールがお勧めです。
3センチから7センチの厚底ゴム 売っているのでブーツの中に入れると見た目では分からないのでいい感じで美脚に見えます。

そのときは 足首には何にも飾らない方がいい。すっきりした感じがスマートに見える秘訣です。
とにかく 下はシンブルが一番です。

追加 模様のスパッツもいいんですがしましまの入ったスパッツを履くなら横でなく縦のシマのスパッツがお勧めです。
でかい模様のスパッツは控えた方がいいです。

上は最初話しましたように ポッコリお腹を隠したい時はブカブカの服 あるいは 股丈までのワンピース等。カラーは好きなようでいいです。

錯視を使う

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び04

目の錯覚ってありますよね。それをファッションに取り入れるのは効果的です。
錯視に基本は、大きなものに挟まれると小さく見え、小さなものに挟まれると大きく見えるという原理です。

例えば小顔に見せたい場合は、デコルテが大きく開いたものや大きな襟がついたトップスを着た方が対比で顔が小さく見えます

更にクルーネックより、Vネックの方がすっきり度も高めです。タートルネックは首が詰まって見えるので避けましょう。

ボーダー柄は膨張して見えるので避けてストライプ柄が縦ラインを強調にスマートに見えます。

分割線の位置も工夫しましょう。同じ形の服でも分割線の位置によっては胴体の長さが違って見えます。
すらりとしたスタイルに見せるには、目線の高い位置に集める事がポイントです。

ラインを長く見せるには、ブーツカットパンツ、セミフレアスカート、ハイウエストなど。
ラインを短く見せるにはデザインの凝ったトップス、裾を折り返したパンツなどがいいです。

脚長効果には、足との境目を見えにくくする事でベージュ系の靴を合わせましょう。
同様にパンツと同色の靴を選びましょう。
二の腕が気になる人は長めのパフ袖がオススメされます。または、ノースリーブで出してしまった方がいいでしょう。

このように、着方の工夫によって色んなファッションを楽しむのもいいですよ。特に目の錯覚はかなり色んな技がありますね。

気になる部分を隠すと逆効果

ぽっちゃり体形を気にしている人の多くは、とにかく気になるところを隠そうとします。むしろ、これは逆効果です。

気にしているところを思い切って出すことによって、すっきりとして見えるようになります。全体的に出してしまうとシルエットがわかってしまいますから、メリハリを付けるようにしましょう。

足が太いというのならば、スキニーパンツを履いて、トップスにふわっとしたシャツなどを合わせてみましょう。そうすると、上半身にボリュームがあることで足が細く見えるようになります。こうやってメリハリを付けることで、気にしている部分を細く見えるようにすると着やせして見えます。

縦のボーダーのススメ

もう一つ、抑えておきたいポイントが縦のラインです。よく横のボーダーを着ると太って見えると言われていますが、逆に縦のボーダーを着ると細く見えるのです。

必ずしも縦のボーダーの服を着る必要はありません。縦のラインが出るように工夫をすればいいのです。シャツを着れば、ボタンが縦のラインを作ってくれます。長めのネックレスを付けても縦のラインを作る事ができます。

ショルダーバッグはひもの部分が長いものを肩から下げるようにするだけで縦のラインが作れます。こうやって縦のラインを作って着やせしてみましょう。

ちょっとしたことで、簡単に着やせすることができます。今、自分が持っているものを一工夫するだけで十分です。

普通サイズの合わない体の人は‥

ポッチャリさんの体型カバーファッションあなたの洋服サイズ選び06

ニコニコ顔の店員さんに誘われ、「お客様ならこちらで絶対大丈夫ですよ」という甘い誘いを信じ、試着し、 外に出られないまま、ガッカリして帰る事が何度あるでしょうか。

いわゆる規格のサイズでは体のバランスがあ当てはまらない人は結構いるのではないでしょうか。
普通サイズが合わないことは、何だか落ち込んでしまいます。

悪いことをした訳でもないのに、自分を責めてしまい、ダイエットを考えたりします。

パンツ試着

特にパンツなどを合わせる時、今流行りのスキニーパンツですと、モデルのようにすんなりとした足の人ばかりではなく、規格のウエストと太もも、ふくらはぎのサイズが合わないことがあります。

ウエストにあわせると、太ももとふくらはぎがピチピチで、とても人前には出れません。
次に足に合わせる、今度はウエストがガバガバでシャツなど入れても、直ぐにシャツが外へ飛び出してきます。
手が一つ入るくらいに大きくなります。

くしゅくしゅパンツも、ある程度丈が長いとカッコいいですが、身長が低くパンツの丈が短いと、ただのしわのあるパンツです。

バストの大きい人

バストの大きい人は、規格のシャツを着ると前のボタンが引っ張られて、上から二段目と三段目がよく勝手に開いてしまいます。
下手をすると、ボタンがちぎれてしまいます。

下着を買いに行っても、大きなサイズのブラジャーはおばさんのようなデザインになってしまいます。
上下セットの可愛いデザインのものは、小さめのサイズばかりです。

日本の規格に入りきれない体の人は、外国の製品を試してみましょう。

特に身長がある程度高い人は、一度試してみる価値があります。
イタリーやフランス、スペインなど外国直輸入の物は、凹凸のある身体に結構対応できるものがあります。

特に下着などは、綺麗なデザインのものが豊富です。
日本から飛び出して、世界に飛び出しましょう。

少しお値段が高くなリますが、ピッタリ合うものが手に入って時の幸せ感で吹き飛んでしまいますね。
自分にあう、自分規格のマイブームを作ってみせんか。

自分の良さはどこですか?

着痩せとは、ずばり自分の体系を熟知して向き合い、自分の良さを最大限に活かすことです。
人に褒められる体のパーツ、隠さず堂々と露出出来る部分があれば着痩せにつながる第一歩を踏めます。

【自信のあるパーツを強調して、自信のないパーツを隠す】

自信のある部分は思い切って露出させたり、体にフィットするデザインを選びます。
逆に自信のない部分にはフィットしすぎない適度なゆとりを持たせラインが出ないようにするのが原則です。