実は産後は痩せやすい!産後はダイエットのゴールデンタイム

産後の身体は想像以上に変化します。
お腹はたるんでぼよぼよになり、骨盤は広がり、お尻も大きくなります。
そんな産後の身体を戻すには、努力も必要になります。
そんな産後のダイエットについて、いくつか書いていきます。

「実は産後は痩せやすい」

一見産後のお腹はたるみ、だらしなく見えますが、実は脂肪がやわらかいのが原因です。
ピンと張りのある脂肪は固く、落とすのは大変ですが、産後すぐの脂肪は流動的で、すぐに落ちると言われています。

そしてその期間は6ヶ月間程続きます。
つまり、産後すぐの6ヶ月間は、ダイエットのゴールデンタイムなのです。
この時期に、引き締める努力をすれば、産前より奇麗なスタイルが手に入る可能性もあるのです。

赤ちゃんに栄養を届けるため、食事制限をしてはいけない

出産後は赤ちゃんに母乳を与えます。母乳は、母親の食生活がそのまま影響するので、産後すぐからダイエットのために食事制限をしてしまうと、赤ちゃんに充分な栄養が届きません。また、母親自身も授乳した分を補充しなければ、栄養不足になってしまいます。

産後は食事制限のダイエットはするべきではなく、むしろ1日に2400kcal~2500kcalのエネルギーを摂取すると良いのです。

母親と赤ちゃんが気持ちよく過ごすため、エクササイズは無理なく行う

産後は、出産のために筋肉や関節が、疲労した状態になっています。さらに授乳、寝不足、添い寝の際の無理な体勢など、慣れない育児で体も心も不安定になります。

そんな時に、ダイエットのために無理なエクササイズをしてしまっては、体力を消耗して疲れ果ててしまいます。早く元の体型に戻したい気持ちもあると思いますが、この時期は自分と赤ちゃんの、心と体の健康が一番大切です。

エクササイズは、自分と赤ちゃんのことを良く知る医師と相談しながら、無理なくできる方法を選びましょう。

「産後1ヶ月は骨盤ベルトを」

開いてしまった骨盤ですが、産後すぐに骨盤ベルトを締める事で、元の骨盤に戻す事ができます。
面倒かと思いますが、最低でも産後1ヶ月間は、骨盤ベルトを装着しましょう。
出産直後からつけられる、緩めのものもありますので、夜寝るときや産後1週間はそうゆうものを利用し、2週間目からの昼間は、しっかり締め付けの強いものを装着しましょう。
身体が落ち着いてくる2ヶ月目からは、補正下着を利用してもいいかと思います。

骨盤矯正は、ダイエットだけでなく育児にも大切

産後、骨盤が開いたままだったり、ゆがんだままだったりすると、太りやすい体質になるだけでなく、重いものを持った時にぎっくり腰になる可能性があります。日々重くなるわが子をしっかり抱っこしたり、元の体型に戻したりするためにも、骨盤ベルトは必要です。

骨盤ベルトは、恥骨の結合部分に巻いて骨盤を固定することで、開いたりゆがんだりした骨盤を元の状態に戻します。そのため、正しく装着しないと効果がありません。

骨盤ベルトを使用する時期は、悪露の色が褐色になってからです。悪露が赤いうちに骨盤を締めてしまうと、体から排出したいものが充分排出できなくなり、体内に残ってしまうので注意しましょう。

また、締め具合を調節できるもの、脱着がしやすいもの、洗濯しても毛羽立ったり破れたりしにくい丈夫なものがおすすめです。

「落ちた筋肉を取り戻しましょう」

産後2ヶ月目ぐらいから、体調が良ければ、腹筋やストレッチを始めて、徐々に筋肉を回復させていきましょう。
お腹の筋肉は驚く程落ちているので、最初は辛いですが、少しずつ回数を増やしていけば大丈夫です。

産後は慣れない赤ちゃんのお世話や、夜泣きで精神的にも肉体的にも苦しい事が多く、なかなかダイエットに目が向きません。
しかしながら産後は、そうゆうハードな子育てや、授乳のおかげで、普段より消費カロリーが多く、痩せやすい状態なのです。

無理せずマイペースに続けていけば、確実に痩せる事ができます。
そんな産後の貴重な時期を利用して、産前に負けない、美しい身体を取り戻して下さい。