「自信のないあなた」こそが、じつはダイエット向き性格なんです!

まず質問です
①いつも引っ込み思案で、自分の体型に自信が持てず、外出するのがおっくうなぽっちゃりさん。
②そして、太めでも元気にどんどん積極的に外で皆と楽しんでいるぽっちゃりさん。

この二つのタイプだとどちらがダイエットに成功しやすいと思いますか?

正解は①なんです。その秘密はといいますと・・

ダイエットにはきっかけが必要。

②のタイプの人は、ものすごくやる気にあふれていて一見ダイエットも積極的に取り組んでいそうですよね。
でも②の人はもうそのままで十分満足しているんです。自信もありますので、太っていても気にしていません。
だから、どんどん外へ出ていって楽しめるんです。なので口では「ダイエットしなくっちゃ!」などと言ってはいるかもしれませんが、そんなに真剣ではなく、ある意味キャラとして本人も明るく自分を認めています。
なので、それほどダイエットをするきっかけというものに欠けるのです。

しかし①の人はどうでしょうか?「このままではいけない・・」「外出は外見が恥ずかしくてできない」「もっと私も楽しみたいけど、こんな体型のままじゃ・・」といつも、悩んでいる状態です。
引っ込み思案で一見エネルギーが不足しているように見えますが、じつは、あふれ出るマグマのように、
「自分を変えたい!痩せたい!」というエネルギーに満ち溢れているんです。それは爆発寸前です。
きっかけは十分存在するんです。

「恥ずかしい」という気持ちを利用する。

「こんな脚で恥ずかしいのでスカートがはけない」
「こんな恥ずかしい体型で、人に会えない」
など、恥ずかしくてできないという気持ちを逆手にとってみましょう。
「自分は一生恥ずかしいままで人生をおくるのか?」
「このまま人にも会わなく、楽しさも捨てて、ファッションも楽しまず、恥ずかしいと下を向いておばあちゃん
になってしまうのか?」

そんなの嫌だ!という気持ちが湧いてくるまで、自問してみましょう。
必ず一歩を踏み出す気力が湧いてきます。

楽しいことを活き活きと思い浮かべる。

痩せてスリムに綺麗になっている自分を想像してください。
自信たっぷりに外出して、憧れの視線を浴びながら楽しんでいるところです。
毎日必ず3回はイメージしてください。ダイエットに行動を移せる方法です。

いつまでも恥ずかしいからと、引きこもっていては人生楽しくはありません。
自信のないあなたこそ、痩せやすい性格なのですから!

スポンサーリンク