誘惑に負けないで!ダイエットでの誘惑2つ

ちょっと油断するとすぐにお腹周りが大きくなってしまうことがあります。
太るのは簡単、でも痩せるのはとても難しい、これがダイエットがなかなかできない原因になります。
きちんとした心構えをもって断行すればダイエットはできますし、それも少しの努力でできるのです。

まずは誘惑となるものを注意深く避けていきます。

特に目、鼻から入ってくるものを注意します。
タバコをやめたいと思っている人がタバコの煙が多い、喫煙室で休憩することがあるでしょうか。
そんなことをすればすぐに吸いたい誘惑に駆られて負けてしまいます。

同じようにデパートの地下の食品売り場に行っていればおいしそうなものがずらりと並んでいます。
どれも食べたくなるものばかりです。
またケーキ屋さんで商品を眺めるならばどうなるでしょうか?すぐに買って食べたい衝動に駆られてそれに負けてしまいます。
そうなるとダイエットは難しくなります。
できるだけそのような場所を避けて、そこに行かないことです。そうすれば、食べたいという誘惑は起きにくくなります。

他にできることは、間食をしないことです。

間食は激太りの原因になります。
スナック菓子やケーキを買って冷蔵庫にしまっておくといつでも取り出せてお腹が空くとそれを食べてしまいます。1日3食を食べるのは良いのですが、それ以外に食べないことを意識します。スナック菓子などは買いだめしないことです。家になければ食べません。
そして、睡眠は、食事が終わってから2時間以上経ってからするのが良いといわれています。
食べたものが消化されてすっきりしてから寝ると疲れが良く取れて健康を促進します。間食、特に寝る前に食べることは体にも大きな負担をかけることになるのです。

このように身近なところからできることをして、食事に注意を払っていけば自然に体が細くなっていきます。
誘惑となるものをしっかりと避けて、間食をしないことを心がけるだけで、ダイエットはできます。
これならばお金もいっさいかからず、食費も減っていくので、経済的でもあります。