実は太ってしまう?食べないダイエットでは痩せられない理由

「美しく痩せたい」と願う女性はいつの時代も多いものです。
昔からダイエットの定番として用いられてきた方法が食べないダイエットです。
確かに食べないダイエットに取り組むと、一時的にやせることが出来ますが結局は太ってしまうことが多いようです。
なぜ食べないダイエットをすると太ってしまうのでしょうか。

ダイエットの仕組み

ダイエットに取り組む前に身体が痩せる仕組みを理解しておきましょう。痩せる仕組みを理解できれば、痩せる方法を自分で選ぶことができます。自分にあった方法でやせることが出来るので、負担なくダイエットに取り組めるはずです。私たちがの体重増減は摂取カロリーと消費カロリーの差で決まります。摂取カロリーより消費カロリーが増えれば体重が減り、消費カロリーより摂取カロリーが増えれば体重が増えます。究極的にはこの差だけの問題なので極めてシンプルと考えることが出来るのです。

ダイエットの方法

様々な方法のダイエットが開発されていますが、大きく分けると食事制限タイプと運動タイプに分けることができます。食事制限タイプは摂取カロリーを減らすダイエットです。運動タイプは消費カロリーを増やすダイエットです。運動で消費できるカロリーは僅かですが、筋肉がつくことにより基礎代謝が上がります。基礎代謝は何もしていなくても消費されるカロリーです。そのため、太りにくい体を手に入れることができます。ある程度の食事制限をしながら栄養を取り、運動をすることが理想的なダイエットといえるでしょう。

食べないダイエットのデメリット

昔から用いられるダイエットの方法に食べないダイエットがあります。絶食をすると摂取カロリーがゼロになるので短期間でやせることができます。しかし、一定期間カロリーが入ってこないと、身体が飢餓モードに切り替わるといわれています。飢餓モードに切り替わると、エネルギー消費が抑えられ僅かな栄養でもしっかり吸収する体になってしまいます。つまり、太りやすい体になってしまうのです。ダイエット後にリバウンドをする方が多いですが、実はこれが原因といわれています。栄養・ダイエットの両面から食べないダイエットはお勧めできません。

【まとめ】新しいダイエットに注目

食べないダイエットのデメリットはご理解いただけたでしょうか。
確かに痩せる食べないダイエットですが、意外な落とし穴がまっていますよね。
無理なく確実に痩せたい方は、栄養はしっかり配合しつつカロリーをオフにした置き換え食品などをご利用になってはいかがでしょうか。
食べないよりずっとお手軽にダイエットに取り組めるはずです。