痩せたいなら時間と心にゆとりを。だから続かないダイエットタブー 3つ

何度ダイエットに挑戦しても長続きしない、リバウンドしてしまう、そんなことはありませんか。私のまわりの友人たちを見ていても、「今年こそ痩せたい!」と口にし、テレビで話題のダイエット法があれば実践し、巷で話題のダイエット食品があれば、すぐに買ってしまう。でも一時痩せても、結局はもとの体型に…。
そうならないための心得、ダイエット3か条をご紹介します。

苦手な分野に手は出さない

ジョギングや昔流行った歌を踊りながらのダイエット法、また以前流行ったエクササイズダイエット、DVDが飛ぶように売れていますよね。あなたも1つは持っていないですか?
「楽しく続けられそう!」そう思っているあなた、元々運動は好きですか?動くことが元来好きで、苦にならないならこれはいい方法かもしれません。でも運動嫌いなタイプなら絶対オススメできません。仮に2週間続け効果が表れたとしても、これからずっと続けなければ待っているのはリバウンド。苦手な分野でのダイエットはNGです。

短期集中ダイエットは意味がない

例えば、来週の結婚式に間に合わせたから今週は断食ダイエットで頑張る!これはこれでいいと思います。でも厳密に言えば、これはダイエットではありません。食べないから体重が落ちただけ。本当のダイエットは短期集中では出来ません。最低でも3ヶ月は様子を見て、徐々に体重と脂肪を落としていく。ゆっくりとしたペースで健康的に痩せていけば、急なリバウンドもありません。食事制限や無理のない運動で自分の体調と相談しながら健康的に痩せましょう。

ダイエット食品に頼らない

巷にあふれるダイエット食品。「置き換えダイエットで痩せた!」というフレーズを聞くと、その気になりますよね。確かにダイエット食品には栄養素も豊富に入っています。でもあくまでも栄養補助なのです。基本は毎日のしっかりした食事で痩せるのが一番。例えば、食べるご飯(白米)の量を半分にし、野菜を多めに摂る…、また夜8時以降は食事を控える、など無理のない範囲で自分でルールを決め、長い目で痩せる計画を立てましょう。ただ、食べ過ぎた翌日の調整としてダイエット食品に置き換えるのはいいかもしれません。

いかがでしたか?「楽にすぐ痩せる!」こんな方法はないのです。こんなキャッチフレーズを信用してはいけません。痩せるなら健康的にキレイに痩せること、それが本当のダイエット。時間とそして心にゆとりを持つこと、それが成功への鍵なんです。