体型をカバーし細く見せてくれるヒント!やせて見える着こなし方

ダイエットに失敗、この体型を何とかした。そんなときは、服装でやせているように見せましょう。着こなし方次第で体型をカバーできます。

チュニック

ポッコリお腹を隠したい、大きなお尻を隠したい、という方におすすめなのがチュニックです。チュニックは丈が長いので、お尻まですっぽりと隠してくれます。また、ふんわりとしているので、お腹の出っ張りが目立たなくなります。

チュニックは体型を隠せて便利なのですが、着こなし方を間違えると妊婦さんのように見えてしまうことがあります。トップがふんわりしている場合は、ボトムはスッキリとしたものにしましょう。
裾が広がっていない細身のチュニックは、体型を細く見せてくれます。

色はダーク系

明るい色よりも暗い色の方が細く見えます。暗い色の方がやせて見えるからといって黒ばかり着る必要はありません。これではおしゃれができません。

赤い服が着たい場合、目に鮮やかな赤ではなく、落ち着いた暗めの赤、小豆色や紅色などを選ぶようにしましょう。
緑だったら新緑色よりも深緑やオリーブ色などがおすすめです。

また、明るい色が着たいときは、使用面積を少なく目立たないようにするとよいです。
アクセサリーにちょこっと明るい色を混ぜてもいいですね。

やせて見える柄

柄も着やせするポイントです。
花柄やドット柄は膨らんで見えてしまいます。できるだけ避けましょう。花柄やドット柄を着たい場合は、小さめの柄、柄の色を暗めにするとよいです。あまりたくさん柄がないものにしましょう。

ストライプ、ボーダーは細く見せてくれます。幅が太すぎるものは膨らんで見えるので、あまりにも太いストライプ、ボーダーは避けましょう。

トップスは凝った柄よりもスッキリとシンプルなものの方が着やせ効果があります。シンプルすぎる場合は、アクセントとしてアクセサリーを身につけるとよいです。

着こなし方を工夫するだけで体型をカバーし細く見せてくれます。
おしゃれを我慢する必要はありません。おしゃれを楽しみながら着やせしましょう。