アブラなのに脂肪を燃焼させる!? ダイエットにも有効なDHA、EPA

甘~いお菓子や油脂類はカロリーが高いため、ダイエット中は控えるのが基本です。

しかし、ダイエットに効果的な脂もあるのです。上手に取り入れてスリムボディを目指しましょう。

内臓脂肪を減らす脂

脂の乗ったアジやサバ。おいしいけれど、カロリーが高そう…と、敬遠してはいませんか?実は、魚の脂に多く含まれるDHAとEPAは、ダイエットにも役立つ成分なんです。

「DHAって、頭頭頭~、頭が良くなる~」っていうやつじゃなかった?という方、正解です。

DHAは、脳の働きを活発にする作用が有名ですよね。しかしそれだけではないんです。何と、内臓脂肪を減らす効果があったのです。DHA含有量ベスト5は次の魚たちです

【1位】マグロ(トロ) 【2位】養殖マダイ 【3位】ブリ 【4位】サバ 【5位】養殖ハマチ

DHAと並んで紹介されることの多いEPAにも、血液サラサラ効果だけでなく、体脂肪の燃焼を促進する効果があります。含有量の多い魚ベスト4も挙げておきます。

【1位】養殖ハマチ 【2位】イワシ 【3位】マグロ(トロ) 【4位】サバ

マグロ、サバ、養殖ハマチが狙い目でしょうか。

効果を最大限に生かす食べ方とは  

DHAやEPAを豊富に含む魚を食べても、調理法の選択を誤ると効果は半減してしまいます。

加熱すると、せっかくの脂が溶けて流れ出てしまいますので、一番おススメの食べ方はやはり生食です。お刺身ばかりでは飽きてしまいますので、溶けて流れた脂も一緒に摂れるスープや鍋も良いですね。煮汁も食べられるようにすれば、煮魚も大丈夫です。

一方で、揚げ物はおススメできません。高カロリーである上に、大切な脂が逃げてしまうからです。

運動も必須

魚には、アミノ酸という栄養素も豊富に含まれます。摂取後に運動することにより、筋肉を増やすことができると言われています。

筋肉量の増加→消費カロリーの増加→痩せる!という訳ですね。

DHAサプリメントなども出ていますが、基本は食事から摂取することと、運動を行うことを意識してください。