痩せるだけダイエット卒業!筋肉の減少は太りやすい身体を作ってしまう?

ダイエットといえば女性にはもちろん、長年の悩みであり様々なダイエット本やテレビなどでダイエットについて語られています。
しかし、どのダイエット方法も「○キロ痩せた!」などと体重の減少を謳い文句にしていますが、実はダイエットの一番大事なことは体重を減らすことではないのです。

ダイエットの目的とは

ダイエットは良く体重を目標にされることが多いです。「夏までに5キロ痩せる!」などと目標を立てる人も多いでしょう。しかし、減量がダイエットの最終目標ではないのです。あなたは何故ダイエットをしようと思ったのでしょうか。

太った醜い体型を痩せてスマートに、つまり美しくなりたいからだと思います。
数字にはこだわらず、見た目を重視することがダイエットに取って最終目的となります。

体重の減少は時にダイエットの大敵となることも

食事制限をし、体重が減ったと喜んでいても実はダイエットとは無関係でむしろダイエットにとって大敵となっている場合もあります。
厳しい食事制限やタンパク質の欠如などで人間はエネルギーが足りない時は運動のために体の中に蓄えている脂肪や筋肉を使い運動します。これがダイエットによる体重の減少の原因です。

脂肪はもちろん減少しても構わないのですが筋肉の減少というのがとても深刻で、実は筋肉というのはとても重く少し減っただけで大幅に体重は減少します。一見ダイエットに成功したように思えますが実はこれはダイエットに取って大きなデメリットとなっているのです。

筋肉の減少は太りやすい身体を作ってしまう

厳しい食事制限の上、運動をし体重を減らせたとします。しかし上でも書いたとおりそれは筋肉の減少を伴う体重の減少だった場合、どのような事が起こっているのでしょうか。
まず、ダイエット中の食事制限や運動をこれから先ずっと続けるのは到底できません。大半の人が目標体重まで減量できたらやめてしまうはずです。

その時、あなたの身体の筋肉は減少しています。筋肉というのは重い代わりにたくさんのエネルギーを必要とします。しかもたとえ運動していなくても多くのカロリーを消費してくれるのです。
そのような筋肉が無理なダイエットによって減ってしまっているため、食べたら食べただけ太ってしまう身体になってしまうのです。

つまり、筋肉をどれだけ維持できるかがダイエットにとって大きなポイントになります。適切な食事と適切な運動をして筋肉を保ちつつ脂肪を燃焼させるのがダイエットのコツと言えます。