カロリーは気にするだけでは無意味です。あなたの脂肪は落ちませんよ

ダイエット中にカロリーを気にする人を見かけることは珍しくなくなりました。しかし実際にカロリーについて正しい知識を身に付けている方はどのぐらいいるでしょうか。カロリーとはただ減らせばいいというものではありませんし、気にしすぎるとダイエット中に余計なストレスを感じる要因になって継続を困難なものにしてしまったり、むやみに減らすと体調を崩してしまうことにもなりかねません。
ここではダイエット時のカロリーコントロールについての注意点などを書きたいと思います。

1.一日の摂取カロリーは1600~1800kcal

ダイエット中に適した摂取カロリーは女性は1600kcal、男性は1800kcalと言われています。
これは体型や生活によって変わっていくものですし、ダイエットについての本や専門家の意見でも誤差が生じる点です。まずは自分が意識せずに食事をしたものの記録をつけてカロリー計算をし、一日の摂取カロリーを把握しましょう。

そして最初はマイナス100kcalぐらいを目標にして、慣れたらまた100kcalと減らして行きましょう。少しずつでも継続して減らすことが出来れば確実に体重は減っていきます。
一日の摂取カロリーが1600~1800kcalぐらいになったらそこで目標数値を減らすのをストップしましょう。自分にとって無理のない数値を設定して下さい。

2.カロリーの相場を知る

時々コンビニで売られているお弁当などを見て「350kcalなんて食べ過ぎかなあ?」なんて言っている人を見かけますがとんでもありません。他の商品を見ればわかることですが、コンビニで売られているお弁当などで350kcalというのはかなり低い方です。

中途半端な知識でカロリーを減らそうとすると無駄なストレスを感じることが増えるだけですので、それぞれの食品の平均的なカロリーの相場を把握しておきましょう。

3.規則的な生活、時には運動も

一日の消費カロリーは生活によって変化するものですから体重が減り始める摂取カロリーもそれに応じて変化します。規則的な生活を心がけることもダイエットを成功させる秘訣です。

また、摂取カロリーが減ると新陳代謝が悪くなり、便秘になったり女性の場合は生理が止まったりすることもあります。

これらは簡単な運動で解消することが可能です。週に一度は自転車で遠出をしてみたり、家でストレッチやラジオ体操をしてみるなど、無理なく運動をする習慣を身につけましょう。食事制限だけで健康的なダイエットをすることはやはり難しいと考えるべきだと思います。

ダイエットをするにあたって最も重要なことは、長く続けることです。そのために必要なのは無理をせずに出来るだけストレスを溜めないことです。

ただただ自分の生活を制限するのではなく、正しい知識の中で設定した目標を達成する喜びを感じることが出来ればストレスは減らすことが出来ます。周囲に惑わされず自分に合ったダイエットを楽しみましょう。

スポンサーリンク