下半身、太ももを鍛えたい方必見!簡単お手軽ダイエット方法

女性の悩みは数々あれど、部分痩せしたい、というのはどんな人にも共通の悩みではないでしょうか。ひとによって体型が違うように、痩せたい場所も違ってきます。それぞれに効果的なエクササイズをして、欲しいラインを手に入れましょう。

まず、多くの人が痩せたいと思っている部位から始めてはいかがでしょうか。日本人女性に多いのが、下半身が太い人です。

太もも引き締めに効果的エクササイズ

では、太もも引き締めに効果的なエクササイズをふたつご紹介しましょう。どちらも特別な道具いらず、やろうと思った時にすぐにできる体操です。太ももがたっぷりしている人は、ももの裏側にあるハムストリング群と内またの内転筋をきたえることによって、後ろ姿がすっきりシャープなラインになります。体重云々というより見た目が格段に違ってきますよ。

まずは太もも浮かし体操

これはうつ伏せにねた態勢から、太ももが浮き上がるまで持ちあげます。上半身の力はまったく使わないで、お尻とひざ裏までの筋肉を使って太ももを持ち上げるエクササイズです。
うつ伏せで寝て、脚は肩幅に広げます。息を吐きながら、太ももの裏に力を入れて真上に上げます。力を入れるのは、お尻と太ももの裏だけです。あげた状態で30秒キープです。呼吸を止めないでください。脱力して、1セットです。1日2~3セットを目標に続けます。

この体操は自分でできる以上に、太ももを無理やりもちあげる必要はありません。うっかりするとふくらはぎなど必要ない場所に力が入ります。こうなると、太ももは数ミリでも浮きあがりません。つまりふくらはぎなど関係のない場所に力が入ると、ダメな体操なんです。ですからどんなに頑張ってもできない時はいちど力を抜いて、太ももの裏を意識してやってみましょう。たくさん持ち上げる必要はありません。ほんの数センチでも浮きあがれば十分な効果があります。

もうひとつは椅子に座ってやる体操

椅子に脚をそろえて座り、膝のあいだにクッションを挟んでみましょう。そのままクッションを落とさずに、20分から30分座ります。テレビを見ながらでもいいですよ。ただし太ももの力が抜けると、クッションがするっと抜け落ちてしまいます。軽い力でいいので、ずっと太ももに負荷をかけ続けましょう。こちらも簡単ですぐできるエクササイズですが、太ももにはけっこう負担のかかる体操です。

スポンサーリンク