脳へのストレスを軽減して、我慢しない!リバウンドしない!ダイエット

ストレスフリーで実践できるダイエットをご紹介します。

寝る三時間前は何も食べない

寝る直前に何かを食べて寝ると胃に血液が集中し眠くなり寝付きが良くなると言われていますが実はこうやって眠りについても
胃が活発に活動しているため胃は寝てない状態なのだそうです。
質の良い睡眠を取るためにも寝る前三時間はなにも食べないようにしましょう。

一日一快食。でも無理な食事制限はしない。

痩せたいからと言って食事を抜いてしまう人が時々いますがこれは逆効果。少ない食事でより多くエネルギーを得ようとするため逆に太ってしまうそうです。
食べたいときには食べる。
しかし本当においしいと味わって食べる食事は一日に一回というダイエット法があります。

一日に一回しか食べないからといって食事を抜くわけではありません。
おなかがすいたなと感じたら頭の働きを良くするブラウンシュガーを入れた紅茶またはコーヒーに空腹をみたす程度のリンゴやおにぎりなどカロリーが低く効率的にエネルギーを補給できる食べ物でつなぎます。

そして自分が一番味わって食べたい食事を一日に一回。この時は食べたいものを好きなだけ味わって食べます。

好きなものを好きなだけ食べて痩せることが出来るの?

無理な食事制限は脳にストレスを与えかえって太ってしまう要素になってしまいます。

そこで一日に一度だけ満足いくまで味わって楽しく食事することで
脳へのストレスを軽減し我慢することなくダイエットを実践することができます。

最初の内は食べても食べても満足できないかもしれませんが続けていくうちに脳へのストレスが減り消費カロリーを減らしていくことができます。

無理に我慢してストレスいっぱいのダイエットをするのは継続が困難なうえリバウンドを引き起こしかねません。
一日一快食でストレスフリーなダイエットを実践しましょう。