眼からうろこのダイエット成功の4つの常識


ダイエットは苦しいもの、辛いもの、長続きしないものと思ってはいませんか。また、数あるダイエット法が、あやしげなもの、かえって健康に悪いんじゃないのと不審に思ってはいませんか。それもそうだと思います。ダイエット法には驚くなかれ、これまで250種類以上の方法が、次から次へと考えられてはブームとなって、あっというまに下火となって、また、新たなダイエット法が編み出されているからです。

ここで考えてもみてください。ダイエットという言葉が、一般的となったのは、ごく最近だということを思い出してください。戦後の混乱時代に太った人はいたでしょうか。昔の日本映画に太った俳優はいたでしょうか。みんなスリムで、太った人は、相撲取りやプロレスラーのような職業を除き、皆無でした。その理由は、食べるカロリーよりも、消費するカロリーの方が多かったから、身体に脂肪を蓄積する余裕がなかったからです。

常識その1

ダイエットを成功するためには、食べるカロリーよりも消費するカロリーを多くすれば確実に痩せることができるのです。また、私、水でも太るのという方が少なくありません。これはまったくのデタラメです。水はカロリーがまったくない物質ですので、脂肪が蓄積するはずがありません。その人は、間違いなく水といっしょに何かを食べているから太るのです。

常識その2

水で太るわけがない。自分をごまかすことは、ダイエットに失敗する一番の理由

しかし、現代には高カロリーで、おいしい食べ物があふれており、ついつい食べるカロリーの方が多くなり、ダイエットに失敗してしまいます。ここで簡単なダイエット方法をご紹介します。人間は青色に対しては食欲を減退させる動物であるという事実です。青いごはん、青いカレー、青いステーキとなど想像するだけで食欲を失くします。これはおそらく人間は進化の過程で、アオカビのついた食糧に悩まされてきた結果ではないかという説があります。

 常識その3

お腹が空いたなと思ったら、青いサングラスをかける。最後に、食事制限によるカロリーのコントロールは、なかなか成功しません。これは人間の生きようとする本能である食欲をコントロールすることは大変難しいからです。ダイエットを成功させるためには、消費するカロリーを多くする方が、ダイエットは成功しやすいのです。その中でも、成功しやすいのは、いつでもどこでもそして誰でもできる運動です。となると答えはウォーキングです。

 常識その4

食欲は抑えられないので、運動を続ける。そのキーワードはいつでもどこでもそして誰でもできる運動である。例としては、ウォーキング、ジョギング、ノルディックウォーキング

さあ、思い立ったら今日からです。今日からダイエットにチャレンジして、健康で魅力的な身体を取り戻しましょう。