通勤ダイエット

通勤ダイエットとは

毎日かならず必要なのが通勤時間ですが、これをダイエットに活用してしまうのが通勤ダイエットです。

方法は人によって様々に変化しますが、自分にできる方法を組み合わせてみて下さい。
 

通勤ダイエットの方法

電車通勤の場合で考えられるのは、『一駅遠くで下りて歩く』方法ですが、都会の感覚での話です。

地下鉄の一駅くらいなら確かに時間的にも体力的にも丁度良く可能ですが、都市部以外では難しい方法だと言わざるをえないでしょう。

駅に段差がある場合には、エレベーターやエスカレーターを使用せず、全て階段を使うという習慣に切り替えることで、多少消費カロリーを増加させることができます。

距離が丁度良い場合なら、思い切って自転車通勤をするのが理想です。

会社や業種によっては難しいかもしれませんが、通勤時間を効率よく利用するダイエット方法の代表選手とも言えるのが、この自転車通勤なのです。

会社までランニングする人もいますが、これはかなりの強者であり、ダイエットと言うよりもトレーニングの領域でしょう。

あくまでも、その後で仕事をしなければならないことを鑑みて、あまり極端に疲労してしまわないように注意が必要なことは、社会人として言うまでもありません。

他に考えられる方法としては、アンクルウェイトを使用して徒歩部分の負荷を上げる方法や、電車内で踵を上げて立っておくなどの方法が考えられます。

前者は簡単ですが、後者は満員電車ではあまり意味をなさないことも多く、場合によっては危険なので、人の多い時はやらないほうが無難です。

通勤時間の長さは人によって大きく違います。

長ければ長いほど、活用する方法を考えたくなるものですが、くれぐれも無理は禁物、仕事に支障の無いように気を付けましょう。
 

通勤ダイエットのメリット

会社に行きながらできるので、効率的。
 

通勤ダイエットのデメリット

あまり高い負荷を掛けると、疲れて仕事にならない。