わかっているけど失敗ダイエットとリバウンドしらずのダイエットの違い

女性にとってダイエットは永遠の課題といえるかもしれません。

年齢を問わず、あるいは体重を問わず、多くの女性がより美しくなるためにダイエットに取り組んでいるのではないでしょうか。

中には、成果を焦るばかり過度な食事制限を行いダイエットをしている方も見かけます。

できるだけ早く成果を出したい気持ちはわかりますが、あまり無理をしすぎるとリバウンドしやすい体になることをご存知ですか。

食べないダイエットの弊害

できるだけ早く痩せたい方に取り組まれているダイエットが食べないダイエットです。

栄養とカロリーが体に入ってこないので、必ず痩せることができます。必ず痩せることができるのですが、ダイエット後のことを考えると食べないダイエットは決してお勧めできません。

食べないダイエットに取り組むと、栄養とカロリーが体に入ってこないので、体が飢餓モードに入るといわれています。

飢餓モードに入った体は、できるだけエネルギーを燃焼しない状態に、入ってきたわずかな栄養を蓄える状態になるといわれています。

この状態は、痩せにくく太りやすい状態です。食べないダイエットに取り組んでしまうと、ようやくやせたと思って安心したとたんリバウンドに陥る可能性があるのです。

取り組みたいダイエットとは

ではどのようなダイエットがお勧めかというと、具体的なアプローチ方法はどのような形でもかまいません。

必要最低限の栄養とカロリーを補いつつ、有酸素運動などの運動を行い筋肉を維持することが重要になります。

こうした取り組みを行うと、脂肪を減らしつつ筋肉を増やすことができるので基礎代謝が向上します。いわゆる燃えやすい身体になるので太りにくく痩せやすい身体になることができます。

すべての女性が目指すべき体ということができるでしょう。

以上のように、ダイエットに頑張っても方法を間違えるとリバウンドする可能性があります。
確実に痩せたい方は、正しい方法でダイエットに取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク